秋季関東学生リーグ戦(秋季リーグ戦)も3日目に入り、折り返しを迎えた。この日の対戦相手は法大。これから強豪との対戦が控えている早大は、是が非でも落とすことのできない一戦となった。試合は早大がトータルスコア4―1で勝利し、見事開幕4連勝。5試合中3試合がフルセットまでもつれ込むなど苦戦こそしたものの、リーグ後半戦を良いかたちで入ることができた。


シングルスでは相手エースの前に屈した緒方


 試合は1番手に入ったエースの五十嵐史哉(スポ2=石川・遊学館)が1セットこそ取られはしたが、勝利を挙げる。しかし2番手の緒方遼太郎(スポ3=東京・エリートアカデミー/帝京)がフルセットの末に敗戦。「最後は向こうの勢いに押されてしまった部分はあります」(緒方)、相手エースに実力を見せつけられてしまった。続く3番手の川上尚也(スポ2=静岡学園)は一進一退の攻防を見せる。フルセットまで及んだ試合は、カウントが7―7と両者同点で終盤までもつれ込んだ。するとそこから川上が三連続でポイントを獲得し、相手を突き放す。負ければ試合の流れが相手に大きく傾いていた場面、優勝を目指すチームが土壇場で勝負強さを発揮した。硴塚将人主将(スポ4=東京・エリートアカデミー/帝京)・緒方遼太郎組もフルセットの接戦の末に勝利しチームに流れをもたらすと、最後は硴塚がストレートで試合を決めた。


硴塚・緒方組がフルセットの末に勝利を収めた


 接戦となったこの試合、ダブルスの硴塚・緒方組が秋季リーグ戦4戦目にして初勝利を挙げたことは収穫であると言えるだろう。「優勝するためにはダブルスで1点取ることが前提となってくる」(緒方)。リーグ前半戦が終わってからの1週間、ダブルスで勝つために練習してきたことが、早速成果として表れた。優勝するための準備は着実に整いつつある、優勝までチームをつなげていけることはできるか。選手たちの活躍に期待したい。

(記事 大島悠希、写真 小野寺純平)



結果

▽男子 第4戦

VS 法大 ○4―1

○五十嵐史哉3―1手塚元彌

●緒方遼太郎2―3青山昇太

○川上尚也3―2高取侑史

○硴塚将人・緒方遼太郎組3―2青山昇太・盛武大悟組

○硴塚将人3―0盛武大悟


コメント

緒方遼太郎(スポ3=東京都・エリートアカデミー/帝京)

――チームはいいかたちで後半戦に入ることができましたが

自分はゲームを落としてしまったのですが、初戦から接戦の試合が多かったですが、何とかものにしてくれました。ダブルスでは1勝できたことは良かったと思います。

――前半戦が終わってからの1週間はどのような練習をしましたか

前半戦にダブルスが1勝もできなくて、優勝するためにはダブルスで1点取ることが前提となってくるので、ダブルスの再調整をしてきました。

――きょうの自身の成績を振り返ってください

(シングルスは)向こうのエースということで実力のある選手が相手だったのですが、あしたからの試合ではもっと強い相手との対戦になります。きょうは負けてしまいましたが、あした以降も実力でつながれればと思います。

――シングルスの対戦相手の印象は

高校時代に対戦したことがあるのですが、苦手意識は少しありました。最後は向こうの勢いに押されてしまった部分はあります。

――あした以降への意義込みをお願いします

あした2勝しないと優勝が遠くなってしまうので、2勝して最終日につなげることができればと思います。