メダルを逃し、5位に終わりながらもなんだかんだ言って盛り上がった韓国でのU-18ワールドカップを経て、高校野球ファンの関心は10月17日のドラフト会議へと注がれることになります。

 1位指名は、潜在能力たっぷりの「令和の怪物」こと、大船渡の佐々木朗希投手で行くべきか、あるいは即戦力の呼び声高い、夏の甲子園で星稜を準優勝に導いた奥川恭伸投手で行くべきか。競合数を事前に調査した上での、各球団の指名戦略も見ものです。


昨秋ドラフト会議の主役たちの「現在地」とは…競合高卒ルーキーズの通信簿


 そして喧騒に包まれた金の卵たちの報道に接しながら、「あれから1年経つんだなあ」と感慨に耽る男たちがいます。

ちょうど1年前、ドラフトの主役としてスポーツ新聞の1面をジャックした当時の高校3年生たち。高卒1年目のルーキーズです。

 ドラフト1位で競合した3人の、1年目の「現在地」はどのような場所なのでしょうか。振り返ってみたいと思います(成績は9月9日現在)。

中日・根尾昂内野手(巨人、ヤクルト、日本ハムと競合)

 大阪桐蔭を春夏連覇に導いたクレバーな二刀流。球界の未来を担う頭脳派ショートとなることを期待され、4球団競合の末に中日入りした若武者はここまで、1軍出場がありません。1月の新人合同自主トレでは右ふくらはぎの肉離れを発症し、全開スタートとはなりませんでした。4月には左人さし指を負傷するなど、ケガに苦しみました。

 今季はウエスタン・リーグで97試合に出場し、打率1割8分5厘、2本塁打、24打点。ウエスタンの規定打席到達者で唯一、打率は1割台と苦しんでいます。三振はこれまた同リーグで唯一の3桁となる117。プロの壁に苦しんでいる-というのが偽らざるところです。

 しかし、下半身の強化という明確なテーマを掲げ、中長期的な視野で前向きにトレーニングへと取り組んでいます。大器晩成を目指し、まずはしっかりと体力強化、基礎練習に取り組んでほしいところです。数年後、ドラゴンズの中心選手になる日が楽しみでなりません。

・合わせて読みたい→
高校野球U-18「韓国人から脅かされたり…」と質問した韓国記者、会見場から一発退場(https://cocokara-next.com/stress/korean-reporter-leave-the-conference-hall/)

ロッテ・藤原恭大外野手(阪神、楽天と競合)

 根尾とともに、大阪桐蔭の春夏連覇の原動力となったスピードスター。パワーも秘めており、将来的にはトリプルスリーを目指せる男なのではないかと、期待は膨らむ一方です。

 昨秋ドラフトでは3球団が競合の末、ロッテが当たりくじを引き当てました。首脳陣も未来の中心選手として英才教育に乗り出し、2リーグ制後のロッテの高卒新人野手では1965年の山崎裕之以来、54年ぶり3人目となる開幕スタメンに「1番・センター」として名を連ねました。

 しかし、1軍では出場6試合で打率1割5厘、0本塁打、2打点に終わり、2軍降格。現在はイースタン・リーグで77試合に出場し、打率2割2分7厘、4本塁打、21打点の成績を残しています。

 自慢の俊足を生かし、15盗塁はリーグ2位タイ。盗塁失敗がわずか3と、成功率の高さが際立ちます。

 走攻守全てにおいて華のある選手だけに、2軍の本拠地となるロッテ浦和球場には藤原目当ての女性ファンも急増。来季以降の飛躍が期待されます。

広島・小園海斗内野手(DeNA、ソフトバンク、オリックスと競合)

 現在の「出世頭」といっても差し支えないでしょう。9月7日、本拠地マツダスタジアムで行われた阪神戦では3回、マツダでは初アーチとなる3号ソロを西から放ちました。高卒新人の3本塁打は、カープでは1950年の紺田周三以来、69年ぶり2人目です。

 4球団が競合の末、広島入りした遊撃手はここまで1軍では47試合に出場し、打率2割3分1厘、3本塁打、14打点。守備では負担の大きいショートを守りながら、この成績を残しているのですから、立派なものです。

 中でもヤクルト戦では8試合で30打数12安打の打率4割、2本塁打、7打点とバットは猛威を振るっています。9月に入ってから、4試合で12打数4安打の打率3割3分3厘と好調。このまま突っ走りたいところです。

 なお、東京ドームでは4試合で16打数無安打という気がかりなデータも。敵地でのジャイアンツ戦で打ってこそ、お目が高いカープ党のハートをガッチリとつかめることでしょう。

 いずれも球界の宝。各球団にはしっかりと育成してほしいものです。

 そして来年の今頃、佐々木や奥川はどんなプロ1年目を送っているのでしょうか-。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]