森田彩音(中央大学)には、忘れられない運命の出会いがある。小学2年生の時に初めて対戦した、同じ静岡県出身の瀬山咲希選手だ。「当時は彼女がすごく強くて、初めて対戦して“こんな強い人がいるのか”と衝撃を受けた。そこで追いつきたいと思って、瀬山を目標にしながら練習したことを覚えている」。森田の努力が実り、2人はやがてペアを組むようになった。その名が全国に轟いたのは、小学6年生で出場した全日本選手権女子ダブルス。社会人と大学生ペアを破る大金星を挙げたのだ。その後は違う中学、高校に進学したためペアを解消したが、縁あって2人はいま同じ大学のチームメートとしてプレーしている。

早くから才能を開花させたかに見えたが、森田の競技生活は順風満帆ではなかった。東京に引っ越した中高時代を、「周囲も強くて環境は恵まれていたけれど、自分の実力はチームで下の方だったし、良い結果が出せなくて卓球をやめたいと思った時期もあった」と振り返る。乗り越えられたのは、「他人と比べても仕方ない」という心境の変化だった。「強い人は強いし、比べても何も始まらない。自分ができることを一つ一つやっていくしかないと思って、少しずつ克服した」。

※大学卒業後は実業団への加入が決定している森田。「熱中できるものに出会えたことが幸せ」と語った

森田のプレースタイルはラリーが中心。相手よりも一本多く返すことを意識した、積極的なプレーが持ち味だ。ライバルであり大学の同期でもある瀬山は、「基本がきちんとできている。弱点が少ないところが彼女の強み」だと分析する。それだけでは対戦相手に怖さを与えられないと考え、攻撃力を強化する練習に取り組んだ。様々な工夫を凝らしたトレーニングの中で、彼女はさらなる成長を遂げている。

森田と瀬山は、一緒に何度も表彰台に立ってきた。「小学生で県選抜の全国大会に出場して、団体戦で全国制覇したのが最初。大学では2017年の大学リーグと、2018年フィンランドオープンの団体戦で優勝した」。しかし、大学リーグはそれ以来2年間表彰台の頂点から遠ざかっている。主将として臨んだ今春のリーグ戦でも結果は2位。有終の美を飾るべく、瀬山とともに学生生活最後のトップを目指す。

※大学アスリート1日密着動画「THE STARS」にて、森田選手を特集予定です。
 森田選手の「THE STARS」はこちら

森田彩音(もりた・あやね)
静岡県出身。1997年8月22日生まれ。162センチ。帝京高校を経て、現在は中央大学法学部4年。Tリーグではトップおとめピンポンズ名古屋に所属。2019年8月に開催されたTリーグで早田ひな選手(現・日本生命)を破り、ブレイクを果たした。9月4日から開幕した秋季関東学生卓球リーグ戦では、主将として2年ぶりの王座奪還に燃えている。