<写真・第2ダブルスで勝利した上田・水野ペア>

  9月11日、近畿大学東大阪キャンパスにて平成31年度関西学生バドミントン秋季リーグ第2戦(対武庫女大)が行われた。

   第1シングルスの村田(経3)がフルセットの末辛くも勝利すると、続く第2シングルスの酒井(理1)もフルセットに持ち込み、最終セットで大差を付けて勝利した。第1ダブルスの請田(人2)・小野田(教1)ペアは第2、3セットを続けざまに落としてしまい敗北。続く第2ダブルスの上田(文4)・水野(文3)ペアは危なげなくしっかり勝ち切り、この時点で勝負を決めた。第3シングルスの松岡(経2)もストレート勝ちを収め関学は4-1で武庫女大に勝利した。

次戦はあす、立命館大学いばらきキャンパスにて同大会3日目(対立命大)が行われる。

本日の結果

S1村田☆2-1

S2酒井☆2-1

D1請田・小野田★1-2

D2上田・水野☆2-0

S3松岡☆2-0

試合後のコメント

佐々木絢子女子リーダー「西日本インカレでは勝った相手に、最初の3つがファイナルに持ち込んでしまったのは油断であったり、100㌫の力で望めなかったからだと思う。格下相手でも向かっていく気持ちでいかないといけないというのが今回の内容で全員が理解した。その中で、上田、水野は実力を出し切ってくれた。次戦の立命大戦に向けて切り替えて、自分たちのプレーで勝ち切りたい」