写真:復調の兆しを見せる松平健太(T.T彩たま)/提供:©T.LEAGUE

<ノジマTリーグ2019/20シーズン 9月10日(火)ウイング・ハット春日部>

10日、ノジマTリーグでT.T彩たまと木下マイスター東京(以下、KM東京)が対戦した。

T.T彩たまが3-1でKM東京に競り勝ち、ホーム開幕戦を勝利で飾った。T.T彩たまは、勝ち点3を獲得し勝ち点を10に伸ばした。KM東京は首位をキープしているが、2位のT.T彩たまとの差を2点に縮められた。

松平健太、執念の2点取り




写真:水谷(KM東京)に完勝したピッチフォード(T.T彩たま)/提供:©T.LEAGUE

松平健太がダブルスとシングルスの2試合で勝利し、T.T彩たまを勝利に導いた。

松平健太/平野友樹ペア(T.T彩たま)が幸先よく勝利をすると、2番でヨーロッパ選手権を戦ったばかりのリアム・ピッチフォード(T.T彩たま)が水谷隼(KM東京)に3-0のストレート勝利。前半で2-0とT.T彩たまにとってはこの上ないスタートとなった。

3番では、神巧也(T.T彩たま)と張本智和(KM東京)の対戦。この試合は張本が実力を発揮し、神をシャットアウト。3-0で勝利した。4番は、復調の兆しを見せている松平とここまでマッチ勝利数1位の侯英超(KM東京)の戦い。試合は最終ゲームまでもつれるが、最後まで積極的に攻め続けた松平が侯英超を振り切り、3-2で勝利を収めた。

スコア:T.T彩たま 3-1 KM東京




写真:今シーズン初勝利を上げた張本智和(KM東京)/提供:©T.LEAGUE

◯松平健太/平野友樹 2-0 宇田幸矢/張本智和
11-8/11-7

◯リアム・ピッチフォード 3-0 水谷隼
11-6/11-7/11-8

神巧也 0-3 ◯張本智和
10-11/7-11/8-11

◯松平健太 3-2 侯英超
11-2/7-11/11-9/9-11/11-8

文:ラリーズ編集部