「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月26日~男子9月8日・女子7日/ハードコート)大会12日目、男子シングルス準決勝で、第5シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)が世界78位のグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)と対戦。

メドベージェフが7-6(5)、6-4、6-3のストレートで勝利し、自身初となるグランドスラムの決勝進出を果たした。

勝者メドベージェフは、試合後の記者会見で以下のように話した。(後編)

Q:まだ決勝の相手が分かりませんが、可能性のある2人についてそれぞれどう思うか教えてください。マッテオ・ベレッティーニ(イタリア)からお願いします。お2人は以前に厳しい試合をしていますが、彼はどの様に進化し、彼との対戦で一番大きな挑戦はなんでしょうか?

「確かに、ベレッティーニはすごく進化している。あの試合は覚えているよ。インディアンウエルズの2回戦だった。マスターズレベルの大会では、初めて1回戦突破した大会だったから、印象に残っているよ」

「本当はキリオスと対戦予定だったんだ。当時のランキングでは分が悪くて、難しい相手だったのだけれど、彼が棄権したので、代わりにデュディ・セラ(イスラエル)に予選で6-4、6-1で負けたベレッティーニがラッキールーザーとして上がってきて、対戦することになったんだ。

「良いドローだと思った矢先に、最初のゲームで彼は225km/h超えのサーブを連発してきて、いったい何が起こっているのかと驚いたよ。タイブレークでは、6-1とリードしていたにも関わらず逆転で取られてしまった」

「2セット目も彼が3-1で0-40でリードしていたけれど、逆転勝利をおさめることができた。忘れられない試合になったよ」

「あれを思い返すと、今僕たちがグランドスラムではじめての準決勝を戦っていると考えると驚きだよ。もしかしたらお互い初めてのグランドスラム決勝対決が実現するかもしれない。とにかく、この場で彼の活躍を見られるのは嬉しいよ」

「ラファエル・ナダル(スペイン)については、言葉が見つからないよ。彼は間違いなくスポーツ界での偉大なるチャンピオンだし、マシンの様な正確さと怪物の様な存在感がある。彼が出すエネルギーはすばらしいとかしか言い様がない」

「彼との初めてのグランドスラム決勝は、なんというか、おかしいよ。いや、実際おかしい試合になるというわけではないけれどね。素晴らしい経験になると思うよ」

Q:ナダルとは1試合対戦しています。結果はベレッティーニとの対戦とは対象的ですが、どういう印象でしたか?

「あの試合は苦しかった。とにかくナダルのエネルギーがものすごくて、ベレッティーニの時同様、始まりから猛攻撃を受けたものだから、コート上で食べられた感じだったよ」

「1回だけブレークポイントを取ったと思ったら、すぐにブレークバックされたんだ。自分は1回しかブレークを許さなかったら、さらにナダルが強く、早く、かなりレベルをあげてきて、そこから僕は終始押されてしまったんだ」

「マスターズ大会の決勝で戦った経験があるのは良かったと思う。おかげで、彼がどのようなプレーをしてくるか、そしてそれについて何を準備するべきかは分かったからね」

Q:今大会すでに3人の左利き選手と対戦しています。珍しいことだと思いますか?この3対戦はナダルと対戦することになったとしたら、プラスに働きますか?

「すごく珍しいことだよ。去年は1年を通しても、左利き選手との対戦は3回くらいだったと思う。今大会では既に3人対戦していて、もしかしたら4人になるかもしれない。信じられないよ」

「でも対戦回数が多いことは助かるよ。それぞれスタイルは違うけど、慣れてきているし、ナダルと対戦することになったら必ず役に立つと思う」

Q:精神的の強化に取り組んでいるとのことですが、どのように、そして何をしているのでしょうか?

「カウンセラーをつけています。彼女には本当に助けられています。もちろん妻も助けも絶大です。とにかく、自分を見つめ直しているよ」

「今までのキャリアの中で、多くの試合を、正気を失ったときに負けてきた。ただ単に負けた試合なのか、自分が正気を失ない、集中力が欠けてしまったことで負けたのかは、はっきり分からない」

「そうして負けた試合の後に、自分を見つめ直して思ったんだ。自分が正気を失ったからとか、ファンや審判や何かしらの出来事のせいで自分の集中力が途切れたからとか、そういうことを負けた理由にしたくないって」

「試合に負けるなら、それは単純に相手選手よりも自分が劣っていたということであって欲しいんだ。そんな風に自分をコントロールでれば、すばらしいと思う」

Q:若いころに、普段はもの静かなあなたが、コートで正気を失う様を見て、周囲の人たちはどの様に反応していましたか?

「難しいな質問だな。若い時には観客はせいぜい5人くらいだったからね。変わっている奴とは思われただろうね。例えば14〜16歳くらいの時は、ダブルフォールトをした後に誰かの拍手が聞こえたら、相手に向かって叫んでいたよ。逆に怒鳴られ返されたりしていたよ。周りからみたら"こいつはおかしな奴だ"と、成功の可能性を疑われていたはずだよ。実際同じような経験をしている選手はいると思うよ。自分が成功して見返せたことは、うれしく思っているよ」

「人々の反応について言うと、人によってまったく違ったよ。純粋に助けてくれようとした人もいたし、厄介者扱いする人もいた」

「今の僕は、その頃に比べると大きく成長したよ。さらに成長したいと思っている」

Q:今日、ボックス席にいるGilles Cervaraコーチに対して、皮肉的に親指を上げるポーズをしましたね。試合後、そういったことについて話をしたりしますか?

「いや、あれが普通だよ。止めようとは思っているけれどね。ああいう行為をする時は100%正常ともいえないし、落ち着いているとも言えない。ああいうことをしない時の方が調子がいいからね」

「まあ、やってしまうこともある。でもコーチは、僕がどういう心境でそういうことをするのか良く理解してくれている。彼は、自分の若い頃のプライベートな話をたくさん教えてくれたんだ。そうした話は、人間の精神状態を理解するのにすごく役立っているよ」

メドベージェフは決勝戦でナダルと対戦する。

(テニスデイリー編集部)

※写真は2019年「全米オープン」のメドベージェフ

(Photo by Elsa/Getty Images)