1日は登板回避もブルワーズ相手に4連続三振など快投

ブルワーズ – カブス(日本時間8日・ミルウォーキー)

 カブスのダルビッシュ有投手は7日(日本時間8日)、敵地のブルワーズ戦に中10日で先発。5回を3安打7奪三振1四球で無失点に抑えたが、降板後に同点とされ6勝目を逃した。防御率4.12。

 初回は立ち上がりに苦戦し一、二塁のピンチも招いたが無失点。2回先頭のショーからは4者連続奪三振など、5回までに7奪三振と好投していた。

 味方は5回にラッセルの9号ソロで先制するも、ダルビッシュに代わり登板した2番手ライアンが6回に同点を許した。

 右前腕部の張りで1日に予定されていた登板を回避したダルビッシュ。地元紙「シカゴ・サンタイムズ」によると張りは7月3日からで、球宴後の9試合はいずれも5、6回に差し掛かると“違和感”を感じていたといい、トミー・ホトビー投手コーチは「彼は昨年よりすでに112イニング多く投げている。感覚や投球数をよく観察することが重要だ。もし早めに降板させることができれば、それは素晴らしいことだと思っている」と説明していた。(Full-Count編集部)