第98回全国高校野球選手権大会は8月18日、大会12日目が行われた。第3試合では聖光学院(福島)と北海(南北海道)が対戦し、中盤の加点で突き放した北海が7-3で勝利した。

北海の先発・大西健斗は立ち上がり制球が定まらず、初回に早くも3点を失ってしまう。苦しい展開となった北海だが二回、1死一、三塁から大西が自ら適時打を放つ。押し出し四球もあって北海は早いうちに1点差まで追い上げた。

四回に2点を奪って逆転した北海は五回、川村友斗のソロ本塁打でリードを広げると、1死一、三塁から鈴木大和がスクイズ。大技、小技を絡めた攻撃で星光学院を下した。

1928年以来、実に88年ぶりの4強入りを果たした北海。快進撃を続けるチームに、「北海がベスト4は予想してなかった」「北海勝った!88年ぶりのベスト4進出おめでとう」「聖光学院お疲れ様でした。あと1本が出なかったのが痛かった。でも良い試合でした!北海高校おめでとうございます。素晴らしい打力でした」「北海高校ベスト4おめでとう!投手の好投と内野の守備が見事でした」などの声が寄せられている。