<写真・1着でゴールし準決勝進出を決めた男子エイト>

 9月7日、埼玉県戸田市戸田ボートコースにて第46回全日本学生選手権、第59回オックスフォード盾レガッタが行われた。きょうは全日本学生選手権の準決勝に男子舵手なしペア、オックスフォード盾レガッタの予選に男子エイトが出場した。男子舵手なしペアは、レベルの高いレースの中最後まで意地を見せるも、4艇中4着。準決勝敗退となった。男子エイトは予選を惜しくも2着でゴールし、敗者復活戦へ。だが、迎えたレースでは他艇を抑え、見事1着。あすの準決勝へと駒を進めた。

   次戦はあす、同会場にてオックスフォード盾レガッタ準決勝が行われる。

[本日の試合結果]

◎男子舵手なしペア  

S 越智(経4)

B 武中(経3)

4艇中4着  7分23秒62

→敗退

◎男子エイト  

COX 澤(法2)

S 長野(商3)

7 中尾(社2)

6 土田(経4)

5 角田(法2)

4 早川(法2)

3 北村(経3)

2 石川(総4)

B 友原(教2)

《予選》

4艇中2位  6分37秒28

《敗者復活戦》

4艇中1位  6分51秒03

→あすの準決勝へ

試合後のコメント

越智俊介主将「きょう自分のレースは、きのう出た課題点を改善することができた。だが、最後で粘り切れず、レース内容はあまり良くないものになってしまったと思う。個人的には最後のレースとなったが、最後に初めて準決勝に残ることができて良かった。もう少しいい結果を残せたと思うので、悔いが残る。でもエイトが1着でゴールできたことは大きい。あすもいいレースをしてもらいたい。インカレ最終日はみんなで応援していい雰囲気で終わりたい」

男子エイトクルーリーダーの土田裕亮「きょうはレースの組み合わせが急きょ変更になったが、焦ることなく臨むことができた。レースでは、今までのベスト以上の結果を残すことができて良かった。あすの準決勝に進出できたことはうれしいに限る。相手はきょうよりも強くなるが、気持ちを熱く持って艇を進めることに集中したい。絶対に勝って決勝へ進めるように頑張る」