第98回全国高校野球選手権大会は8月18日、大会12日目が行われた。第2試合では鳴門(徳島)と明徳義塾(高知)が対戦し、序盤のリードを守った明徳義塾が3-0で勝利している。

16日の3回戦では盛岡大附(岩手)との壮絶な打ち合いを制した鳴門。強力打線の再爆発が期待された。しかし、明徳義塾の先発・中野恭聖が丁寧な投球を見せ、鳴門打線を3安打無失点、四死球3に抑える。

明徳義塾打線は二回に2死二塁から今井涼介が先制の適時打。今井は四回の1死一、三塁でも左前に適時打。この回さらに1点を追加して3点リードとした明徳義塾。下位打線の援護で4年ぶりの準決勝に進出した。

四国対決を制した明徳義塾には、「明徳強かった!!鳴門高校お疲れ様!!」「明徳つよかった。万全の試合運び」「四国対決お疲れ様でした!明徳おめでとう!」「鳴門おつかれさん!明徳はここまできたら優勝して!」「明徳、四国の誇りを持って絶対勝ってほしい!!!」と応援の声が寄せられている。