現地6日の「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月26日~男子9月8日・女子7日/ハードコート)大会12日目、男子シングルス準決勝、男子ダブルス決勝、女子ダブルス準決勝、車いす男子シングルス準々決勝が行われた。

男子シングルス準決勝。第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)が第24シードのマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)と対戦。7-6(6)、6-4、6-1でナダルが勝利し、2年ぶり5度目の同大会決勝進出を決めた。

第1セットは両者キープが続きタイブレークへ。ナダルはここで4ポイント連続で落とすも、逆転し第1セットを先取。そして第2・第3セットはブレークに成功し、試合時間2時間35分で勝利を収めた。

ナダルは試合後のオンコートインタビューで「第1セットはタイブレークまでに決めたかったのでフラストレーションはありました。第2セットでブレークして自分のペースにすることができました。今日は勝ててとっても嬉しいです」と語った。

もう一方の準決勝では、第5シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)が世界78位のグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)に7-6(5)、6-4、6-3で勝利し、自身初のグランドスラム決勝進出。また、メドベージェフは前哨戦から4大会連続の決勝進出となった。

試合後のオンコートインタビューで、メドベージェフは「この試合、第1セットを接戦の末にものにして、ストレートで勝つことができたのはハッピーです」と喜びを語った。

車いす男子シングルス準々決勝では、第2シードの国枝慎吾(日本/ユニクロ)がアルフィー・ヒュウェット(イギリス)と対戦。第1セット、国枝の1-4の時点で雨天により中断し、翌日に持ち越しとなった。

また、この日予定されていた車いす女子シングルス準々決勝は、雨の影響で行われず。第2シードの上地結衣(日本/三井住友銀行)とアニーク・ファンクォト(オランダ)の対戦は翌日に順延となった。

◇   ◇   ◇

【9月6日 主な試合結果】

◆「全米オープン」

男子シングルス準決勝

〇[2]ラファエル・ナダル(スペイン)7-6(6)、6-4、6-1 ●[24]マッテオ・ベレッティーニ(イタリア)

〇[5]ダニール・メドベージェフ(ロシア)7-6(5)、6-4、6-3 ●グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)

男子ダブルス決勝

〇[1]フアン セバスチャン・カバル (コロンビア)/ロベルト・ファラ(コロンビア)6-4、7-5 ●[8]マルセル・グラノイェルス(スペイン)/ホレイショ・ゼバロス(アルゼンチン)

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全米オープン」でのナダル(左)とメドベージェフ(右)

(Getty Images)