<写真・リーグ戦初勝利を挙げた吉田>

   9月6日、大阪府江坂テニスセンターにおいて、2019年度関西大学対抗テニスリーグ戦(対関大)が行われ、関学は通算1勝4敗で敗北した。

 ダブルスは大熱戦となった。ダブルス2(D2)で出場した石川(教2)・北本(人2)組は、第1セット終盤、相手に4ゲーム連取を許し、セットを落とした。だが、第2セットは互いのミスをうまくフォローし合い、タイブレークに。3-6まで追い詰められるも、5ポイント連取でセットを獲得した。だが、最終セットで粘れず、惜敗。ダブルス勝利の望みは、D1の吉田(国3)・明河(経3)組に託された。こちらも、相手にセットを先取されるも、第2セットでタイブレークを制した。最終セットも、1-5から4ゲーム連取で巻き返し、タイブレークへ。だが、最後は相手の攻撃力に押され敗北した。0勝2敗でシングルスへ。巻き返しを図りたかった関学だが、シングルス2(S2)の小柳(商2)とS3の北本が、ともにストレート負け。関学の負けが決定した。S1の吉田は、序盤から攻めのショットを連発。タイブレークを制し、第1セットを取り切ると、第2セットも両者一歩も譲らない熱戦となった。第2セットを落とし、勝負は最終セットへ移るも、相手選手が棄権。チームのリーグ戦初勝利を挙げた。これより、関学は通算1勝4敗で、関大に敗北した。

   次戦は9月9日、同会場にて大教大とのリーグ第4戦が行われる。

【試合結果】

D1 吉田・明河(4-6、7-6(4)、6(4)-7)

D2 石川・北本(3-6、7-6(6)、2-6)

S1 吉田(7-6(6)、4-6、1-1)RET

S2 小柳(2-6、1-6)

S3 北本(1-6、2-6)

試合後のコメント

越智優果主将(教4)「結果的には負けてしまったが、ダブルスは両方勢いがあって良かった。同学年同士のペアだったので、格上相手に引くことなく戦えていた。シングルスの勝利は、吉田の頑張りとみんなの応援でつかんだ1勝。次につながる試合になったと思う。次の2戦は、1部2部入れ替え戦に関わる試合になる。今までよりもさらに、プレッシャーのかかる試合になるが、一つ一つ焦らず勝てるように、みんなで盛り上げていきたい」