遂に関東大学対抗戦(対抗戦)が始まる。昨年度は8年ぶりに優勝という結果で終えたものの、帝京大には敗北。続く全国大学選手権(大学選手権)では、明大に4点差で敗れ、涙をのんだ。今季はチームスローガンを『For One』と設定。11季ぶりの頂を狙う。徐々にステップアップして迎えた夏季オープン戦。昨年度大学選手権準優勝の天理大、ベスト4の帝京大と対戦。両試合とも課題を残しつつも、勝利を収めた。

 次に早大の春、夏シーズンでの戦いを振り返っていきたい。関東大学春季大会(春季大会)では東海大、帝京大に敗戦。明大との定期戦でも敗北し、Aチームの国内対外試合は3勝3敗となった。初戦の東海大戦では主将のSH齋藤直人(スポ4=神奈川・桐蔭学園)をけがで欠く。その後もシーズンが深まるごとに離脱するメンバーは多くなり、早大としては苦しいシーズンが続いた。副将のフランカー幸重天(文構4=大分舞鶴)は春季の収穫として「アタックは自分たちのやりたいようにプレーができればトライまでつながる」と答えた。一方で課題も露呈。「スクラム」と「ディフェンス」の部分が挙げられるだろう。しかし、課題であったセットプレーの部分に注力して挑んだ夏季オープン戦では目覚ましい成果を見せる。スクラムを強みとしている天理大からスクラムトライを奪い、反則を誘う。次戦の帝京大戦では五分五分の攻防を繰り広げるなど、スクラムは確実に成長しているだろう。相良南海夫監督(平4政経卒=東京・早大学院)は「まだまだ」と現状に満足はしてないものの、「戦うマインドになっているのでいい傾向」と評する。

  


攻撃の起点SO岸岡智樹(教4=大阪・東海大仰星)

 春季では試合ごとにテーマを定めて挑んだ。特に注力した部分はディフェンス。初戦では40失点を喫して敗戦した。春季大会の帝京大戦こそ大量失点を許したものの、徐々に改善をしてきている。夏季オープン戦の帝京大戦では試合終盤まで追加点を許さず。春季大会で61失点だった相手に21点まで抑え込んだ。齋藤主将も自身が出場した春季大会の東海大戦と夏季オープン戦の帝京大戦でのディフェンスを比較し、「簡単にトライを取られることがなかった」と成長を実感したようだ。先述した「スクラム」と「ディフェンス」の両面の課題は徐々に解消されつつある。


ディフェンスは徐々に向上してきている

 対する日体大。春季大会ではCグループに所属。接戦で負けることが多く、1勝4敗と思うような成績が残せなかった。昨年度対抗戦での対戦では68-10で早大が勝利を収めている。しかし、体重100キロを超えるロックミキロニ・リサラ(日体大)やCTBクリスチャン・ラウイ(日体大)、U20日本代表にも選出されているNO・8/WTBハラトア・ヴァイレア(日体大)と魅力あふれるランナーがそろうため、警戒が必要だ。進化した赤黒ディフェンスは日体大の猛攻を防ぐことができるか。

 早大は夏季オープン戦の帝京大戦から齋藤主将が戦列復帰。徐々に昨年度試合に出場していたメンバーも戦線へ戻ってきている。また、天理大、帝京大とのオープン戦で勝利を収めたことは「少なからず自信になる」(齋藤主将)とチームの調子は上向きだ。2年連続の優勝へ、引いては大学選手権での優勝。『荒ぶる』を歌う。その目標に向けた挑戦のシーズンが開幕する。

(記事 小田真史 写真 石井尚紀)

  

 
     

 

早大出場予定メンバー
背番号名前学部学年出身校
久保 優スポ3福岡・筑紫
森島 大智教4東京・早実
小林 賢太スポ2東福岡
三浦 駿平スポ4秋田中央
下川 甲嗣スポ3福岡・修猷館
大崎 哲徳文構2東京・国学院久我山
幸重 天文構4大分舞鶴
丸尾 崇真文構3東京・早実
◎齋藤 直人スポ4神奈川・桐蔭学園
10岸岡 智樹教4大阪・東海大仰星
11安部 勇佑スポ3東京・国学院久我山
12中野 将伍スポ4福岡・東筑
13長田 智希スポ2大阪・東海大仰星
14桑山 淳生スポ4鹿児島実
15南 徹哉文3福岡・修猷館
リザーブ
16横山 太一スポ2東京・国学院久我山
17原 朋輝スポ2神奈川・桐蔭学園
18阿部 対我社2東京・早実
19中山 匠教4東京・成城学園
20相良 昌彦社1東京・早実
21河村 謙尚社2大阪・常翔学園
22中西 亮太朗商2東京・早実
23河瀬 諒介スポ2大阪・東海大仰星
※◎はゲームキャプテン、監督は相良南海夫(平4政経卒=東京・早大学院)
関東大学対抗戦Aグループ星取表
 帝京大早大慶大明大筑波大青学大日体大成蹊大
帝京大11/10 14:00秩父宮11/30 11:30秩父宮11/24 14:00秩父宮11/4 14:00駒沢9/14 15:00大和9/8 15:00帝京大G9/1 12:45菅平M
早大11/10 14:00秩父宮11/23 14:00秩父宮12/1 14:00秩父宮9/15 16:00ケーズデンキ9/8 16:00早大G8/31 10:45菅平M11/4 11:30駒沢
慶大11/30 11:30秩父宮11/23 14:00秩父宮11/10 11:30秩父宮9/8 11:00たつのこF9/1 11:15菅平C11/4 14:00上柚木9/14 11:30秋葉台
明大11/24 14:00秩父宮12/1 14:00秩父宮11/10 11:30秩父宮8/31 13:15菅平C11/4 11:30上柚木9/15 15:00足利9/8 15:00明大G
筑波大11/4 14:00駒沢9/15 16:00ケーズデンキ9/8 11:00たつのこF8/31 13:15菅平C11/30 14:00江戸川11/24 14:00敷島11/10 14:00熊谷B
青学大9/14 15:00大和9/8 16:00早大G9/1 11:15菅平C11/4 11:30上柚木11/30 14:00江戸川11/10 11:30熊谷B11/24 11:30敷島
日体大9/8 15:00帝京大G8/31 10:45菅平M11/4 14:00上柚木9/15 15:00足利11/24 14:00敷島11/10 11:30熊谷B11/30 11:30江戸川
成蹊大9/1 12:45菅平M11/4 11:30駒沢9/14 15:00秋葉台9/8 15:00明大G11/10 14:00熊谷B11/24 11:30敷島11/30 11:30江戸川

※秩父宮は秩父宮ラグビー場、熊谷および熊谷Bは熊谷ラグビー場、帝京大Gは帝京大学百草園グラウンド、早大Gは早大上井草グラウンド、足利は足利市総合運動公園陸上競技場、江戸川は江戸川区陸上競技場、秋葉台は秋葉台公園球技場、明大Gは明大八幡山グラウンド、菅平は菅平サニアパークM/C、筑波大Gは筑波大つくばグラウンド、敷島は群馬県立敷島公園サッカー・ラグビー場、上柚木は上柚木公園陸上競技場、たつのこFは茨城たつのこフィールド、ケーズデンキはケーズデンキスタジアム水戸、大和は神奈川大和スポーツセンター競技場、駒沢は駒沢オリンピック公園陸上競技場。