鈴鹿サーキットで行われている『2019 第48回サマーエンデュランス「BHオークション SMBC 鈴鹿10時間耐久レース」』の予選終了後、Bubbly Groooovyステージでドライバートークショーが行われた。

ステージに上がったのはapr with ARN racingの織戸学選手、Honda Team Motulの武藤英紀選手、KCMGの千代勝正選手、JLOCの関口雄飛選手の4名。

0.4秒の差でポールシュートアウトに届かなかった織戸選手だが、フェラーリは生まれてはじめてドライブしたとのこと。「いつかは乗ってみたい車でありますから気分が良いですね」とフェラーリでの初ドライブを楽しんだようだ。

予選14位でポールシュートアウトに進出した武藤選手は、今年はチーム体制が変わって新体制。去年は無限がメンテナンスを担当していたが、今年はイタリアのチームでの参戦。新チームで完全に溶け込めていないという武藤選手だが「ノウハウとタイヤの使い方がうまい」と競争力のあるチームを賞賛。

予選5位でポールシュートアウトに進出し好調を維持した千代選手だが、それでも「プレッシャーがすごかった」と切り出し「ポールシュートアウトは一番グレードが高いドライバーが担当するものなので、次生さんに任せます。(次生さんは)プレッシャー感じてましたよ」と先輩でありチームメイトの松田次生選手に期待を寄せた。

17位でポールシュートアウト進出した関口選手はJLOCから久々の参戦。ランボルギーニGT3は2年前にアジアンルマンで経験済みだ。しかし本人のフィーリングは乗りにくく、予選含めて5周しかできていないことが不安材料だと語った。長丁場で予選中に気づきがあり、決勝直前のフリー走行で合わせて最終的にいいところいきたいと前向きなコメント。

チーム内で最速タイムを記録した小暮選手については「黄旗などでずっとタイミング悪くタイムが出せていなかったけど、一度だけのクリアラップで1発で決めたのはさすが」と賞賛。しかし昨日チームで焼肉を食べに行った際、小暮選手がお肉を焼かず生で食べようとしたというおもしろ話を披露、会場は笑いに包まれていた。