令和の時代に生まれた新スポーツ「バンクリーグ」。バンクリーグは国内のサイクルスポーツを盛り上げるべく立ち上げられた、日本初のトラックレース対抗戦。国内の競輪場を舞台に、日本のトップレベルのロードレースチームが集結し、バンクリーグのために考案されたルールでチームごとに順位を競い合う。8月23日のラウンド1名古屋を皮切りに、松阪(8月30日)、広島(9月23日)と続き、10月21日の最終戦であるラウンド4宇都宮まで行われる。23日の開幕戦は18時開始予定だ。

ライブ配信はこちら

キーワードは奇数
1チーム3〜4名で構成され、同時に2チームがバンクに出走。スタートから2周はポイントが付かず、3周目以降の奇数周(3周、5周、7周、9周、11周)にスタートラインをトップ通過したチームがポイントを得る。各選手が役割を持ってゲームに挑むため、スピードだけでなくチーム同士の駆け引きも大きな魅力だ。

光と音楽の融合
従来のサイクルスポーツにはなかった光、音での演出を多く採用している。レース前後に行われる様々なパフォーマンスに至近距離でのファンサービスも加わり、バンクは盛り上がること間違いなし。フード・ドリンク・グッズ売り場も魅力の一つ。飲食を楽しみながら、エキサイティングなレースを全力で応援する。自由な観戦スタイルがバンクリーグの特徴だ。

今後のスケジュール
ラウンド1@名古屋 8月23日(金)18時開始(予定)
ラウンド2@松阪 8月30日(金)18時開始(予定)
ラウンド3@広島 9月23日(祝・月)14時開始(予定)
ラウンド4@宇都宮 10月21日(月)18時開始(予定)

出場予定チーム
愛三工業レーシングチーム
宇都宮ブリッツェン
キナンサイクリングチーム
シマノレーシング
チーム右京
チームブリヂストンサイクリング
那須ブラーゼン
マトリックスパワータグ

ライブ配信はこちら