鈴鹿サーキットは、11月16~17日に開催するヒストリックイベント「SUZUKA Sound of ENGINE 2019」の各種チケットを9月15日より発売する。

イベントには、F1史上初の6輪車ティレル「P34」に加え、そのオーナーで、元F1ドライバー、“ミスターミナルディ"こと、ピエルルイジ・マルティニ氏、1970年代後半から1990年代前半にかけて、2輪の世界GPで活躍したウェイン・レイニー氏、エディ・ローソン氏、ケニー・ロバーツ氏が登場。さらに歴代のF1マシンやグループCカー、1960年代のレーシングカー、2輪の貴重な名車など、さまざまな年代の車両が集結する。

前売りチケット(2日間有効)は大人3500円、中高生1700円、小学生800円、3歳から未就学児600円で9月15日より発売。なお10月1日からは消費税増税により各100円アップとなる。