鈴鹿サーキットは、8月23日から25日に開催する『2019 第48回サマーエンデュランス「BHオークション SMBC 鈴鹿10時間耐久レース」』の賞金総額の配分と、新たな賞金について発表した。

SUZUKA 10Hでは、賞金1億円を参戦するエントラント・ドライバーに用意し、世界戦にふさわしい夢のレースとして開催。総合トップに3000万円、2位1000万円、3位500万円、4位以下は順位に応じて全車賞金を設定する。またクラス賞は1位200万円、2位100万円、3位50万円。このほか、ドライバー3名のうち2名以上がアジア地域の国籍を所有するチーム、2019年SUPER GTシリーズに公式登録しているエントラント、スーパー耐久シリーズポイント対象車両、それぞれの上位3チームにも賞金を用意する。

特別賞は「ポールポジション賞」「ファーステストラップ賞(決勝)」「ファーステストラップ賞」に各100万円を用意。さらに今年はファンによって選出された”レースウィークを盛り上げた”チームに賞金100万円を贈呈する「チーム オブ ザ デイ」を導入。チームもファンも一緒になって10時間におよぶ白熱のレースを楽しむことができる。

前売りチケット(3日間有効)は大人5700円(ゆうえんちモートピアパスポート1日券付)、中高生1700円、小学生800円、3歳~未就学児600円などで発売中。