24年ぶりに関東選手権を制し、8月22日から愛知県で行われる全日本大学選手権への進出を果たした明大準硬式野球部。本企画では全日本での活躍が期待される選手を全5回にわたって紹介します。

 今回は先発投手二枚看板の1人、右腕・高島泰都(法2=滝川西)に行った事前インタビューをお送りします。(この取材は8月13日に行われました)

――合宿はいかがでしたか。

 「実戦で多めに投げて、投手陣はノルマを決めて走っていました。最終日には多めに100球くらい投げて、暑さに慣れつつ、球数を増やして投げていたので、全日本に向けた取り組みはできたと思います」

――やはりきつかったですか。

 「きついですね(笑)。合宿中はすべて炎天下の中で練習できたので、暑さに慣れるためにランニングも多めにやっていました。名古屋はもっと暑いと思いますが、少しは慣れたかなと思います」

――合宿自体も今までとは異なりましたか。

 「2月に比べて暑さが違うので、次の日も疲れが溜まっていました」

――課題としては何に取り組んでいましたか。

 「最近は実戦があまりなかったので、久しぶりに実戦練習を行えました。打者が立って投げた時に球が走らず、ストライクが入らないこともあったので、最終日にもう一度調整をして、やっとスタートラインに立てたくらいです。やはりコントロールと変化球のキレがないと全日本では通用しないので、そこに重きを置いて取り組んでいました」

――まだ、制球力には苦しむことがありますか。

 「変化球は戻りつつありますけど、ストレートは高めに浮いてしまい、低めを意識しすぎて引っ掛けてスライドしてしまうこともあるので、もっと腕を振って低めの伸びを意識して、なおかつコントロールも意識して取り組んでいます」

――全体的な調子はいかがですか。

 「1番良い時が関東選手権だとすれば、まだそこまで調子は戻っていませんが、悪くはないです。ここから練習試合が4試合あるので、打者に対する配球や攻め方を考えて、コントロールもそこで身に付けていきたいです」

――リーグ戦からかなり期間も空いていますが、モチベーションなどはいかがでしょうか。

 「テスト期間で少し下がりました(笑)。それでもテストが終わった後に比べると、体力が戻ってきています。全日本も迫っているのでみんなのモチベーションも徐々に上がってきていて大丈夫だと思います」

――全日本でポイントはどこになると思いますか。

 「初戦の中京大戦ですね。昨年度の優勝校なので、そこに勝てば明大はポンポンと勝ち上がっていけると思うので、1回戦僕が投げるか分かりませんが、投げるとなったらしっかり投げ切ります」

――最後に全日本に向けて一言お願いします。

 「投手陣が守備を締めて0で抑えて、野手が点を取れば勝てるので、チームで勝つことを意識してやっていきます」

――ありがとうございました。

[岩田純]