猛暑が続くインカレも本戦5日目を迎える。この日行われたシングルス4回戦では春関女王の佐藤南帆(環1・日出)がストレートの快勝でベスト8に残った。また、ダブルス2・3回戦では注目の佐藤・永田杏里(総1・南山)組が順調に駒を進め、危なげなく4回戦へ進出。大村千乃(総3・九州文化学園)・望月菜々子(環3・白鵬女子)組、城間安実(総4・九州文化学園)・向井マリア(環4・城南学園)組もともに2回戦を勝ち上がり、両者は明日の3回戦で激突することとなる。

2019年度全日本学生テニス選手権大会

2019年8月17日

@岐阜メモリアルセンター

◆シングルス4R

〇 佐藤南帆2 {6-1、6-2} 0    千村もも花(筑波大)
● 向井マリア1 {4-6、7-5、2-6} 2  小池颯紀(園田女大)
● 平田歩1 {6-4、2-6、0-6} 2  村橋舞(立大)

◆ダブルス3R

〇 佐藤・永田2 {6-2、6-1} 0板谷・橘(日大)

◆ダブルス2R

〇 佐藤・永田2 {6-2、6-0} 0岡崎・大津(鹿屋体大)
○ 大村・望月2{6-4、6-2}0  千村・草野(筑波大)
○ 城間・向井2{4-6、6-3、12-10}1  松田・朝倉(亜大)

シングルス4R

4年目のインカレに挑む向井は立ち上がりにミスが連なり、序盤に2つのブレイクを許す。その後は徐々に調子を上げていく向井だったが、長いラリーに競り負け惜しくも第1セットを落とす。しかし、続く第2セットは中盤からストロークに磨きがかかり、1-4から7-5までの逆転劇を披露。ファイナルセットでもこの流れをキープしたいところだったが、力強いストロークでエースを狙う相手を前に徐々に失速。2-6で最後のセットを取りきれず、向井のシングルスはベスト16入りに終わった。

平田歩(総2・岡山学芸館)は、調子が悪い中、持ち前の強烈なストロークで攻め、第1セットを6-4で奪取。このまま平田ペースで進むと思われたが、第6ゲームでブレイクを許すと、ここから相手に2ゲームを連取され、第2セットを落とす。第3セットでギアを上げたいところだったが、暑さの影響のゆえか、持ち前のストロークでミスが増え、終始相手に圧倒された。シングルスは無念の4回戦敗退に終わった。

自身初のインカレに挑む大型ルーキー佐藤の4回戦。序盤から互いにコースを狙った激しいラリーが続くも、佐藤の球威あるボールが徐々に相手選手を打ち負かしていく。所々にドロップショットなどをうまく織り交ぜた緩急あるラリーでゲームの主導権を握ると、余裕のストレート勝利を収めた。春関女王の名に恥じない盤石の戦いぶりを見せつけ、佐藤は明日の準々決勝へ進む。

ダブルス2R

春関で大躍進を見せた大村・望月組。第1ゲームからサービスゲームを確実にキープする。第7ゲームでブレイクを許すなど、一時スコアをイーブンにされるも、第10ゲームでブレイクに成功し、第1セットを取る。続く第2セットは、第5ゲームまでキープキープが続く。だが、第6ゲームでブレイクに成功すると、積極的なプレーが冴えわたる。ネットプレー、ラリー戦で強さを発揮。ストレート勝ちを決め、3回戦進出を決めた。

城間・向井組は、格上の松田・朝倉組と対戦。序盤からリードを許し、ワンブレイクダウンで第1セットを落とす。しかし、第2セットから向井がラリーをつなげ、城間がネットプレーを決めるという攻撃がはまり、セットスコアをイーブンに戻す。スーパータイブレークに突入。両者の意地と意地がぶつかり合い、一進一退の攻防が続くが、要所を抑えた城間・向井組がスーパータイブレークを制し、大金星を上げた。

春関優勝ダブルスの佐藤・永田組は今大会2回戦からの出場。最初はミスも多くゲームを奪われていた佐藤と永田だが、二人は徐々に覚醒。ネットプレーでの圧倒的な強さを見せつけた佐藤・永田組はコート上に一切の隙を見せず、ストレートで3回戦進出を決めた。

ダブルス3R

2回戦を制した佐藤・永田組は、3回戦に進出。2回戦と同様に圧倒的な実力を見せつけた。鋭いストロークと、積極的なネットプレーで終始試合の主導権を握った。ベスト8進出を決めた。

(記事:萬代理人、堀口綾乃 写真:萬代理人、堀口綾乃、結城和臣)

平田歩(総2・岡山学芸館)

――今日の試合を振り返って

最初から調子は良くなかったです。その中で第1セットを取れましたが、第1セットを取った不安が第2セット以降に顕著に現れました。自分がどうして負けたかというのがよくわかっていませんが、それも全部含めて勝てる自信というのがなくて、自信の無さというのが現れた試合だと思います。

――炎天下の中でのプレーでした

暑さというのはあまり感じなかったです。しかし、実際に第2セットと第3セットで足が全く動かなくなったので、結構の暑さにやられたと思います。

――今大会を振り返って

目標が決勝に行くことでしたが、単複共に力を出し切れず、終わってしまいました。悔しい気持ちしか今はありませんが、その悔しさをリーグ戦でぶつけてチームのために一本取りたいです。