TEAM
バイタルネット
早 大
(早)○今西、原、上條、森田―岩本、重田
◇(二塁打)岩本×2 (三塁打)田中雅、中川卓 (本塁打)福岡ソロ(3回)

 夏季オープン戦3連勝と波に乗る早大は、北信越の社会人チームであるバイタルネットとの試合に臨んだ。早大打線は3、5回に安打を集中させ大量得点を奪う。投手陣は走者を背負いながらも粘り強く相手打線を2得点に封じ込めた。

 先発の9は初回、先頭打者に安打を許すも盗塁を狙った一塁走者をけん制で挟み攻撃の芽を摘む。その後は走者を背負いながらの投球が続き、4回と6回には失点を喫した。それでも気迫のこもった投球を見せ最少失点でしのぎ、6回を投げ2失点。以降は3投手が1回ずつを投げ切り、無失点で相手打線を抑えた。


6回を2失点にまとめた先発・今西

 打線は3回、先頭の9が中前打で出塁すると、続く田中雅也 (商4=東京・早大学院) の三塁線を破る適時三塁打で先制する。続く9が右犠飛で三塁走者をかえすと、さらに9はネット上段へと突き刺さる特大の右越え本塁打を放った。以降も四球で走者をためると、2死一、二塁の場面で9が右中間へ走者一掃の適時二塁打を打ち、一挙5点を奪うビックイニングをつくり上げた。


3回に特大本塁打を放つ福岡。右に左に4安打と大暴れした

 勢いに乗る打線は5回、無死からクリーンアップの三連打で好機を演出。その後2死となるも、9による走者一掃の3点適時三塁打、さらに続く丸山の中前打で中川卓がかえり、この回4点を追加。序盤、中盤にそれぞれ畳み掛けた早大が主導権を握り続けた。


中川卓の3点適時三塁打で引導を渡した

 15安打9得点。3、5回の集中打が物語るように打線の状態は上り調子だ。また投手陣はピンチを招きながらも、相手に流れを渡さない投球を披露。守備も無失策で今試合を終えた。投打がしっかりとかみ合ったこの日の勝ち方は、東京六大学秋季リーグ戦への期待感をますます高めることになっただろう。

(記事 足立優大、写真 村上萌々子、望月清香)

 

夏季オープン戦の日程はから