<写真・今試合最多得点を決めた中山>

   8月17日、王子スタジアムにて第30回関西学生ラクロスリーグ戦第2戦が行われ、関学は神大と対戦した。

   第1Q開始9分にMF中山(文4)が先制すると、13分にAT北浦(法2)、15分にはAT我妻(社4)が得点を重ねた。第2Qも1失点に抑え、6ー1で前半を折り返す。第3Qでは中山と北浦がリードを広げた。最終Qでは中山と北浦に続き、端(人4)、吉田(教4)、喜田(法4)も得点。14ー6の大差をつけ、開幕戦に続き快勝した。

   次戦は9月8日、伊丹スポーツセンターにて阪大と対戦する。

試合後のコメント

我妻彩里主将「ダブルスコアで圧勝できたのは良かった。後半は下級性が出場し、決めるところで決め切ってくれた。だが、開幕戦では入りがよかったが、今試合はこだわれなかったのが反省点。そのミスに付け込まれるため、次戦までに調整していく。3週間空くが、合宿ではAチームBチーム関係なく急成長していきたい」