カシオは、高機能メタルウオッチ「エディフィス」ブランドより、F1で活躍する「スクーデリア・トロロッソ」とコラボレートした薄型クロノグラフ「EQB-1000TR/EFR-S567YTR」を9月13日より発売する。

新製品はスクーデリア・トロロッソの2019年用マシン「STR14」をモチーフとし、ボディに用いられているブルー、レッド、シルバーの3色を基調にカラーリングを施した。EQB-1000TRの時計全体、EFR-S567YTRの文字板には、チームカラーを象徴する青地に赤いラインを印象的にレイアウト。両モデルとも、ベゼルとインダイアル以外の文字板全体にカーボン素材を採用し、モータースポーツの精悍さを表現した。さらに文字板と裏蓋にはチームロゴを、9時位置のインダイアルにはチームを象徴する牛のイラストをあしらうなど、スクーデリア・トロロッソの世界観を随所に散りばめ、特別感のあるモデルに仕上げている。

EQB-1000TRは、タフソーラーやスマートフォンリンク機能を搭載した薄型クロノグラフ「EQB-1000」をベースモデルとして採用。ベゼル全体にカーボンを積層したパーツを採用している。青地に赤いラインがポイントのバンド素材には、CORDURAファブリックを使用したケブラー繊維インサートクロスを用いることで、軽さやフィット感だけでなく、耐久性も高めた。価格(税別)は7万5000円。

EFR-S567YTRは、メタルバンドの薄型クロノグラフ「EFR-S567YD」をベースモデルとして採用。メタルベゼルの上面にカーボンのプレートを装着し、文字板にはチームを象徴する赤い縦のラインを大胆にデザインしている。価格(税別)は3万円。

EFR-S567YTR《画像:カシオ計算機》

EFR-S567YTR《画像:カシオ計算機》

インダイアル(EQB-1000TR)《画像:カシオ計算機》

インダイアル(EQB-1000TR)《画像:カシオ計算機》

EQB-1000TR《画像:カシオ計算機》

EQB-1000TR《画像:カシオ計算機》

EQB-1000TR《画像:カシオ計算機》

EQB-1000TR《画像:カシオ計算機》

インダイアル(EFR-S567YTR)《画像:カシオ計算機》

インダイアル(EFR-S567YTR)《画像:カシオ計算機》

EFR-S567YTR《画像:カシオ計算機》

EFR-S567YTR《画像:カシオ計算機》

EQB-1000TR《画像:カシオ計算機》

EQB-1000TR《画像:カシオ計算機》