全日本学生選手権(インカレ)は本戦2日目を迎え、この日は女子シングルスの2回戦が行われた。早大からは前日の1回戦を突破した選手に加えシード権を選手の計8人が出場。熱戦を制した松本妃那(スポ2=福岡・柳川)、下地奈緒(社3=沖縄尚学)を含む5人が3回戦進出を決めた。


松本は強敵の永田に対しストレート勝ち

 松本の2回戦の相手となったのはルーキーながら慶大の主力として活躍する永田杏里。ファーストセットは序盤から互いにサービスキープを続ける拮抗(きっこう)した展開となるが、セットカウント3−3の第7ゲームにブレークされ先行を許すかたちに。しかし、4−5で迎えた第10ゲームにブレークバックすると、ここから3ゲームを連取し、逆転でこのセットをものにした。セカンドセットでも互いに2ブレークを奪い合い、6−5で迎えたリターンゲームでブレークに成功。長いラリー戦やブレークポイントなど、重要な局面での強気なプレーが光った松本が強敵をストレートで下し3回戦進出を決めた。2回戦からの出場となった倉持美穂(商3=東京・早実)、森川菜花(社4=山口・野田学園)はこの日初戦を迎えた。倉持はファーストセット、セカンドセットともに6−1のストレートで快勝。森川もファーストセットを6-0と圧倒すると、セカンドセットもワンブレークアップの6−3で奪い2回戦を突破。実績のある上級生がその実力を見せつけた。


田中李との同士討ちを制した吉岡

 この日の2回戦では吉岡希紗(スポ1=三重・四日市商)と田中李佳(スポ2=兵庫・相生学院)の同士討ちも実現。ともに団体戦でも起用される実力者同士の対戦は長いラリー戦が続く展開となったが、吉岡が5−4で迎えた第9ゲームをブレークし、ファーストセットを先取。セカンドセットでも長くデュースの続くゲームが続いたが、要所で吉岡がポイントを取りきり、4−6、1−6のストレート勝ちで同士討ちを制した。石川琴実(社1=東京・白鵬女子)はファーストセットを6−3で先取したものの、以降は徐々に相手にペースを握られる展開が続き、セカンドセットを4−6で落とすと、その後も流れを引き戻すことは叶わずにファイナルセットを1—6とされ敗退となった。安藤優希(スポ1=東京・日出)もファーストセットこそ6ー3で奪ったが、その後は体力面の課題が露呈し、その後のセットを3−6、1−6で奪われ逆転負け。渡邉早和子(社会1=愛媛・新田)もファーストセットをタイブレークの末に献上すると、セカンドセットは1−6と突き放され、ここまで予選から勝ち残ってきた1年生の3人は健闘を見せたものの、2回戦で姿を消すこととなった。金山晴菜(明大)と対戦した下地は相手の力のあるボールに対し、持ち前のテクニックで応戦。コーナーに正確に打ち分けるショットで相手を翻弄(ほんろう)し、ファーストセットを6−2で先取に成功。セカンドセットでは5−3のワンブレークアップで迎えた第9ゲームにブレークを許したものの、直後のゲームでブレークバックに成功。持ち味を発揮した下地がストレート勝ちで3回戦へと駒を進めた。

(記事 林大貴、写真 森迫雄介)

結果

男子シングルス
▽1回戦
○松本妃那 [7−5、7−5] 永田杏里(慶大)
○吉岡希紗 [6-4、6-1] ●田中李佳
○倉持美穂 [6-1、6-1] 吉田穂花(青学大)
○森川菜花 [6-0、6-3] 佐野結花(中京大)
●石川琴実 [6-3、4ー6、1−6] 中谷琴乃(甲南大)
●渡邉早和子 [6(1)-7、1-6] 坂本はな(専大)
●安藤優希 [6-3、3-6、1−6] 小池颯紀(園田女大)
○下地奈緒 [6-2、6−4] 金山晴菜(明大)

コメント

松本妃那(スポ2=福岡・柳川)

――今日の相手は永田選手でなかなか手強い相手でしたが、どのような心境で試合に臨みましたか

チャレンジャー精神で、チャンスが1回か2回はくると思ったので気持ちで負けないように強気でいきました。

――1セット目はブレークし返して2ゲーム連取して逆転でとったセットでしたが、この点についてはどう思いますか

自分から先にいかにリードをするかというのが大事だと思っていたので良かったんですけど、もっといけるところはあったのでそこをしっかりとれるようにならないといけないと思いました。

――2セット目の第9ゲームのデュースになってからの展開がなかなかとりきれない展開でしたがこの点についてはどうでしたか

やっぱりすごく大事な場面で、相手もきついし私もきついしお互いプレッシャーがあるなかで、攻めたいけど攻めたらあせりもでてミスをするっていう感じでしたが、強気で応援のおかげでいけました。

――今日は序盤から際どいコースに打つなど、強気の姿勢でプレーできていましたがこの点についてはどうでしたか

中で中でラリーして、チャンスが来たら強気で打ってポイントをとるつもりでラリーしてました。

――30―30やデュースなどの重要なポイントでいいショットが打てていましたがこの点についてはどう思いますか

今までというか昨日の試合も30―30などの大事な場面で自分から打ち急いでのミスが多かったので今日はコーチ陣からもらったアドバイスの通りに落ち着いて、あせらずにプレーできたから良かったと思います。

――最後に明日以降に向けての意気込みをお願いします

まず明日の試合を体調管理を整えて、1個でも多く勝てるように強気で頑張りたいと思います。