TEAM
創価大
早 大
(早)○柴田、上條、藤井寛、森田―小藤
◇(二塁打)加藤、小藤、福本、鈴木萌 (本塁打)檜村ソロ(2回)

 3勝3敗で迎えた創価大との夏季オープン戦。前日・横浜商大戦での勝利で勢いをつかみ始めたのか、ベンチからの声もよく聞こえる試合となる。また本塁打で先制し中盤に一挙5得点を奪うなど、打線が輝く一戦ともなった。

 先制したのは早大。2回、カウント3―1から相手投手は外角で勝負しようとしたが、甘く中に入ってきたところを見逃さず7が左越えソロ本塁打を放つ。一方の投手陣も先発の7が6回を無失点に抑える。序盤は変化球中心、徐々に直球の割合も増やしつつの快投。救援した2投手は制球を乱す場面もあったが、2失点で乗り切った。


6回無失点の柴田。日本通運戦に続き先発として結果を残した

 3~5回にかけては両チームとも無得点だったが6回。早大打線が光った。連続四球で走者をためると、7の右越え適時二塁打で追加点を挙げる。さらに続く檜村が打席に立ち初球を捉えると、これも中前へと抜ける適時打となりまた加点。その後も7の適時二塁打、7の中前適時打、7の左犠飛と続く怒とうの攻撃を見せる。打線がつながり流れを一気に奪った。さらには7回。途中出場の福本翔(社2=東京・早実)が2球目を捉え、左越え二塁打を放つ。すると、続く7の右前打により、福本は三塁まで進む。そして次の福岡の犠飛で福本がかえり、さらに追加点を得た。


6回に中前適時打を放つ吉澤

 柴田が6回までを無失点に抑える好投を披露し、その直後に理想的な攻撃を仕掛け見事勝利を収めた早大。主軸に限ることなく、控えの選手など多くの選手に安打が記録された。2試合連続でつながりを見せた稲穂打線。東京六大学秋季リーグ戦へ向けた調整として、良い流れをつかんだといえるだろう。

(記事 佐藤桃子、写真 望月優樹、宅森咲子)

 

夏季オープン戦の日程はから