岩手県太田テニスコートで全日本学生シングルス選手権が行われた。早大からは内本隆文主将(スポ4=大阪・上宮)、山根稔平(社2=奈良・高田商)、高倉和毅(社2=東京・早実)、水木瑠(スポ1=宮城・東北)の4名が出場。4年生である内本が見事初優勝を果たし、早大は団体戦、ダブルス、シングルスと3冠を手にした。また、2年生である高倉もベスト8に残り、シングルスでも層の厚さを感じられる結果となった。


準々決勝で内本主将に敗北し、ベスト8で終わった高倉

 内本、高倉がベスト4をかけて同校対決に挑んだ準々決勝。「先に攻められてコース対角につけられていたので、自分が守る一方になってしまって、相手が打ちやすいようにずっと展開されていた。」と高倉が振り返るように一方的に攻められる展開が続き、内本が圧倒的な実力差を見せつけた試合であった。準決勝に駒を進めた内本は、次に阪本崚(関西大)との対戦に挑んだ。1ゲーム目、長いジュースで、読み合いが続き、お互い一歩も譲らない展開に。最後は内本がファーストサーブで2ポイント連取し1ゲーム目をとる。阪本の豪打にやや苦戦を強いられるも、内本はペースを崩さず落ち着いたテニスを見せる。流れを持っていかれることなく、最後はパッシングショットを決め、ゲームカウント4-2で勝利。優勝に王手をかけた。


圧倒的な強さを見せつけた内本主将

 決勝戦、相手は丸山海斗(明大)である。元上宮高校時代のペアであり、早明主将対決となった。序盤から長いラリーが続くが、主導権を握る内本が3ゲーム連続で先取する。このままストレート勝ちかと思いきや、丸山も粘りを見せ、2ゲーム追いつかれる展開に。しかし、6ゲーム目は一気に3ポイントとり、最後は内本がファーストサーブを決め、見事優勝。試合中はお互いに声を出し合い、楽しそうに試合する姿が見られた。決勝戦を内本はこう振り返る。「以前組んでいたペアだったので楽しいなって気持ちも大きかったです」 インカレ全体を通して早大に軍配が上がる結果となった。

 東インカレ後に、一時は厳しい状況となった早大。しかし、今回のインカレは4年生が意地を見せ、優勝を掴み取ることが出来た。昨年度からインカレ奪還を目指していた早大は完全復活を成し遂げる。これから様々な不安もあるものの、早大は王者としての態度を見せていかなればならない。今年のインカレは「特に4年生が意地を見せてくれたので、本当に1年間頑張ってきてよかったなと思うインカレでした。」という内本主将の言葉に尽きるだろう。素晴らしい感動を与えてくれた4年生に大きな拍手を送りたい。


優勝した内本主将

(記事 山浦菜緒 写真 今山和々子)

結果

優勝 内本隆文

ベスト8 高倉和毅


コメント

内本隆文主将(スポ4=大阪・上宮)

――優勝した率直なお気持ちをお聞かせください

 

 団体戦でインカレ奪還できて、ダブルスでも長尾・松本組が4年生の意地を見せて優勝してくれたので、最後に僕が4年生全員で3冠出来たらいいなと思っていました。優勝目指して頑張っていたのでよかったです。

――高倉選手との準々決勝を振り返っていかがですか

 

 同校対決だったので、やりづらいっていうのもあったんですけど、僕が4年生なので向こうの方がやりづかったと思うので申し訳ない気持ちがありますね。でも勝負はとにかく勝負なので勝ててよかったです。

――準決勝を振り返っていかがですか

 

 どうやって点数をとろうかなということを考えていました。豪打が多い選手なのであんまり自分から打ちすぎても相手のペースに合わせると難しい展開になると思ったので、自分のペースを保ちながら試合をしていました。

――決勝を振り返っていかがですか

 

 3冠狙ってたので勝つつもりで挑んだんですけど、同時に以前組んでいたペアだったので楽しいなって気持ちも大きかったですね。

――インカレ総括していかがですか

 

 本当に1年間、特に東インカレの際もつらいことがたくさんありました。でも、どの学年も頑張ってくれて、特に4年生が意地を見せてくれたので本当に1年間頑張ってきてよかったなと思うインカレでした。

高倉和毅(社2=東京・早実)

――準々決勝を振り返っていただけますか

 内本さんとは今まで2回くらい練習試合でシングルスで対戦したことがありました。その時はインカレみたいな緊張感がなかったので、(内本選手に)簡単なミスがあって競ることもありました。こういう場で戦いなと思っていたのですが、やはり思った通りとインカレの場で戦ったらすごく集中していて全然ミスもなくて、すごいなと思いました。0-4だったのですが、いいものをもらったので、来年とかこれからにしっかりつなげていきたいなと思います。

――敗因は何だと思いますか

 先に攻められてコース対角につけられていたので自分が守る一方になってしまって、相手が打ちやすいようにずっと展開されていたので、一本切り返してとか、リズムを変えてとか、いいボールがあったら違う展開になったのかなと思います。

――ベスト8になった感想をお願いします

 ダブルスで早い段階で負けたのでベスト8というのは嬉しいのですが、実際にベスト8になってみたら、もう少しいきたかったなという気持ちがあります。

――インカレを総括していただけますか

 1年(の頃)に比べたら結果は出したのかなと思いますが、もっともっと頑張らなきゃいけないなという気持ちが改めて出てきました。今回4年生が団体戦も優勝して、ダブルスも優勝して、シングルスも優勝して、4年生の代が抜けたときに僕ら下の代が頑張らないといけないので、これから頑張りたいと思います。

――次戦に向けてお願いします

 今言った通り4年生が中心となって今回全部勝っていたので、抜けた後でも早稲田がしっかり優勝できるように、抜けた後弱いと言われないようにチームで一から頑張っていきたいと思います。