学生日本一を決める全日本学生選手権(インカレ)が、岐阜メモリアルセンターにて幕を開けた。初日はシングルス1回戦が行われ、早大からは6人が登場。うち5人が2回戦にコマを進め、幸先の良いスタートを切った。


強敵をストレート勝ちで退けた松本

 ルーキーの石川琴実(社1=神奈川・白鵬女子)は第2セット中盤に訪れたブレーク合戦を制し、逃げ切りに成功。同じくルーキーの安藤優希(スポ1=東京・日出)は終始試合の主導権を握り続け、6−1、6−0で快勝を収めた。田中李佳(スポ2=兵庫・相生学院)は第2セットの序盤に2ゲームを先取されたものの、そこから怒とうの6ゲーム連取でストレート勝ち。「立ち上がりからすごく集中できた」とは松本妃那(スポ2=福岡・柳川)。難敵相手に我慢強いテニスを展開し、6−3、6−4のストレート勝ちで初戦を突破した。


今村との早大対決を制した渡邉

 今村南(社4=大阪・城南学園)と渡邉早和子(社1=愛媛・新田)の一戦は、3時間を超える激闘となった。第1セットは、第4ゲームで今村が初のブレークに成功した後、相手を全く寄せ付けない強さを発揮し6−1で先手を取る。しかし第2セットでは一転、渡邉が優勢に立った。第1ゲームから5ゲームを連取し、6−1でセットを奪い返す。迎えた最終セット、第1ゲームで渡邉がブレークした後はキープ合戦に。このまま渡邉が逃げ切ると思われた第10ゲーム、今村がブレークバックに成功し、4年生の意地を見せる。スコアをイーブンに戻し、迎えたタイブレーク。「少し引いてしまった」と言う今村に対し、渡邉がここぞとばかりに攻め立て、一気に5ポイントを連取。最後に勢いを取り戻した後輩の渡邉が、白熱の同僚対決を制した。

(記事 森迫雄介、写真 朝岡里奈)

結果

女子シングルス
▽1回戦
◯石川琴実 [6-1、6-3] 英凪沙(鹿屋体大)
◯安藤優希 [6-1、6-0] 征矢愛那乃(信州大)
◯松本妃那 [6-3、6-4] 我那覇真子(筑波大)
◯田中李佳 [6-2、6-3] 谷優果(四日市大)
◯渡邉早和子 [1-6、6-1、7-6(2)] ●今村南

コメント

今村南(社4=大阪・城南学園)

――最後のインカレを終えて、今の率直な心境としては

これだけ一つのことに熱中できたことはすごくいい経験だったなと思っています。というのも、きょう両親が見にきてくれて、ずっと家族で私のために頑張ってくれていたのを思い出しながらプレーをしていて。小さい頃のテニスの思い出もなんとなく浮かぶんですよ。あんなことがあった、こんなことがあったなと。それが少しずつ力になっていたのかなと思いました。

――試合の方を振り返ってみていかがですか

6−1、1−6というスコアはお互いをうまくつかめずにいた結果だと思います。それでもファイナルセットで決着がつくので、どうやったらポイントが取れるのかとか、できることをお互いに考えながらプレーしていて。お互いワンブレークずつになって、シーソーゲームだったんですけど。最後一つ強気で行けなかったのが敗因なのかなと思います。その点は渡邉が一歩強気なプレーがテニスに現れていたから最後のタイブレークの結果に出たのかなと思います。

――強気という部分の差が出たと思う場面は具体的にはどこでしょうか

4−5から6−5にして、そこで私がちょっと前には入れなかったというか。渡邉からしてみれば4−5だったのが6−5になって焦りもあったと思うんですけどそこでちょっと引いてしまったので、そこで勢いも少しずつ戻ってきてしまって、その勢いがタイブレークでも出たのかなと思います・

――4−5からブレークを奪った場面は意地のようなものを感じましたが

そうですね(笑)。ここで終わるのかっていうのがあって、最後の試合だと思ったら普段は出ない力が出るんだなとその時に感じました(笑)。

――予選から出場していましたが、今大会全体を振り返っていかがですか

腰の調子があまりにも悪すぎて。それでもしっかり治療をして、自分の中で妥協する部分は妥協して、やるところはやってというふうにメリハリをつけて練習していました。なので最後までちゃんと戦えたのは良かったかなと思います。

――この後には夏関(関東学生選手権)も控えていますが、そこへ向けては

夏関では一個でも多く勝つっていうのが目標ですね。後輩の杉田(栞、社2=埼玉・山村学園)と組んでいて、まだ2年生で夏関はポイントの部分でも今後の2年間ですごく大きな大会になると思うので、4年生としてなんとか明るい未来を築いていけるように一緒に頑張っていきたいと思います。

松本妃那(スポ2=福岡・柳川)

――きょうのゲームはストレートの勝利でしたが、内容は非常にタフだったと思います。振り返ってどうですか

出だしがきょうはすごく集中できていて、固くなりすぎずいけたのが良かったです。苦しい場面もあったんですけど、がまん強く我慢強く戦えたことが勝因だと思います。ただやっぱり30-0とか、2本リーとした場面などで少し焦ってしまって、無駄なミスもあったので、そこはあしたの相手である慶大の永田杏里も強いのでそういったミスをしないように心掛けたいなと思います。

――相手の我那覇選手は同じ関東地区で手の内もある程度わかっていた相手だと思いますが、プランなどはありましたか

ネットプレーを得意としているので、前に出られないように深いボールを打って、自分から攻めようにしていました。前に出られた時は落ち着いてパッシングを狙いに行くように意識していました。

――緊張しやすい性格だとおっしゃっていましたが、緊張はしませんでしたか

緊張はしていたんですけど、やるしかないなと思っていたので、リラックスしてできたと思います。

――あしたも強敵との戦いが控えていますが、あしたに向けては

頑張っていればチャンスはいつか来ると思うので、そのチャンスを逃さないように一つ一つ頑張って食らいつきたいと思います。