<写真・試合後、選手たちは記念撮影に応じた>

 8月12日、兵庫県宍粟市音水湖カヌー競技場にて第55回関西学生カヌー選手権大会最終日が行われた。

   関西インカレ最終日は、200メートル決勝が行われた。昨日行われた{WC-1}200メートル決勝で、抗議があったため、きょう再レースが行われた。結果、松岡育美(文4)が3位に入賞。{JK-1}200メートル決勝では、久野仁嗣(文1)が優勝。今大会で、カヤック500メートルのシングル、ペアと合わせて、3冠を達成した。また、{K-1}200メートル決勝では、酒井悠弦(商1)と石田隼平(経3)が、ワンツーフィニッシュ。今大会最終レースとなった{K-2}200メートル決勝では、表彰台を逃すも、3艇が最後まで力強く漕ぎ切った。5日間行われた大会を通して、男子は総合3位となり、カヤック部門で優勝。圧倒的な存在感を放った酒井がMVPに選出された。女子は総合2位で、カヤック部門で3位、カナディアン部門で2位となり今大会を終えた。

   次戦は8月20日より、石川県木場潟カヌー競技場にて全日本学生カヌースプリント選手権大会が行われる。

   本日の主な成績は以下の通り。

{WC-1}200メートル決勝

3位 松岡育美

5位 白川知紗子(商4)

{WK-2}200メートル決勝

7位 佐竹(法3)・川部(教4)組

9位 宮本(理4)・川上(総3)組

{WK-1}200メートル決勝

7位 宮崎怜奈(人4)

{JK-1}200メートル決勝

1位 久野仁嗣

6位 松井裕樹(理4)

9位 長谷川嗣泰(教1)

{K-1}200メートル決勝 

1位 酒井悠弦

2位 石田隼平

7位 中原拓也(法3)

9位 二宮良輔(教4)

{K-2}200メートル決勝

4位 岡村(経4)・大山(文3)組

8位 東園(経3)・野村(社2)

9位 重渕(総3)・小鑓(商2)組 

総合男子 3位

男子カヤック部門 優勝

MVP 酒井悠弦

総合女子 2位

女子カヤック部門 3位

女子カナディアン部門 2位

試合後のコメント

岡村圭祐主将「日本一を目指しているチームにとって、この関西インカレは前哨戦だが、優勝できたことをうれしく思う。総合で優勝したかったが、やはり鹿屋体大がカナディアンを含めて強かった。だが、男子カヤック部門で2位との差を大きくつけられたのは、自信になった。チームとしても個人としても、いい刺激を受け、みんな自信にあふれている。女子もいいレースをしていたので、主将としてメニューにもこだわり、あと2週間、男女ともに日本一を見据えてすべきことを追求していきたい」

宮崎怜奈女子リーダー「日本一はやはり険しい道のりだと感じた。それでも、みんな一本一本のレースを一生懸命漕いでくれた。自己ベストが出た子もいて、一人一人の努力が形になっている。あと1週間で、みんなを引き伸ばしてあげられるのが自分たちの役割。しっかり課題を潰していきたい。最後は気持ちだと思うし、もちろん日本一は諦めていない。全日本インカレも、最後は応援の強さで勝ちたい。男子の盛り上がりに乗って、優勝を目指す」