TEAM
横浜商大
早 大
(早)○徳山、今西―小藤
◇(二塁打)加藤×2、福岡×2

 夏季オープン戦2勝3敗で迎えた横浜商大との試合。上位打線が一気呵成に畳み掛けた。同点で迎えた5回、敵失に乗じ好機を広げると、3本の適時打を集めるなどして一挙4得点。終盤に追い上げられたが、2番手・6が粘り切り、勝利を収めた。

 2年生右腕・6がまっさらな初回のマウンドに上がる。いきなり1死一、二塁のピンチを招くも、後続を変化球で打ち取り無失点。その後も球数を要しながらではあったが、4回までスコアボードに『0』を並べ立てた。すると4回裏、主砲のバットが相手をとらえる。この回先頭・6が四球を選ぶと、相手先発のモーションを完全に盗み、二盗に成功。打席に立つ6のお膳立てをした。そして加藤は好球を待ち、フルカウントで迎えた7球目。速球を思い切り引っ張ると、痛烈な打球は相手右翼手の横を抜ける。これが適時二塁打となり先制に成功した。しかし直後の5回表。徳山が味方守備の野選により1点を失うと、試合はすぐさま振り出しに戻った。


5回を投げ抜いた先発の徳山

 それでも、この日の稲穂打線はただちに打って出た。5回裏、1死から代打・富田直希(教4=東京・早実)が内野安打で出塁する。続く打者・6の打席中、富田が二盗を仕掛けると、相手捕手は二塁へ暴投。この間一気に三進した。すると瀧澤は4球目を中前へとはじき返し、すぐさま勝ち越してみせる。その後も怒とうの攻撃は止まらない。速球を力強くたたいた福岡に中越えの適時二塁打が飛び出したかと思えば、続く加藤もこの日2本目の適時二塁打を放つ。ここからさらに敵失で加点した早大。この回一挙4点を奪い、がっちりと流れをつかんだ。6回以降は2番手・今西が踏ん張った。力強い直球を軸に6、7回を完全に制圧。8回に4連打を浴びせられ2失点したが、後続は断ちリードを死守した。


この日2本の適時二塁打を放った加藤

 中盤に理想的な攻撃を展開し、見事勝利を収めた早大。これで夏季オープン戦の対戦成績を五分とした。勝敗こそ全てではないが、加藤と福岡にそれぞれ2本ずつ長打が出るなど、東京六大学秋季リーグ戦を見据えた調整が徐々に本格化しつつある。またこの日途中登場の富田は、内野安打を放った後に盗塁までも決め、状態の良さをアピール。し烈な正二塁手争いに絡んでくる可能性もある。中軸を打つ加藤や福岡らに負けじと最上級生が奮起すれば、昨年のように『4年生の秋』を笑顔で締めくくることができるだろう。

(記事 石﨑開、写真 倉持七海、土生諒子)

 

夏季オープン戦の日程はから