歴史的な名勝負になるのではないか……と試合前にふくらんだ期待が、試合中盤にはみるみるうちにしぼんでいった。

 近江(滋賀)対東海大相模(神奈川)という、優勝候補同士の対戦。初戦屈指の好カードを見るために、日曜日の甲子園球場には4万4000人の大観衆が詰めかけた。

 しかし結果は6対1と、やや一方的な展開で東海大相模の勝利。近江は守備が乱れ、6失策では流れを引き寄せることは難しかった。



巧みなリードでエース・林優樹を支えた近江の有馬諒

 そしてひとりの観戦者として心から残念でならないのは、東海大相模がお家芸である「アグレッシブ・ベースボール」で底力を見せたのに対し、近江は本来の面白さを発揮することなく敗退してしまったことである。

 あくまで主観だが、近江の面白さは「理性と野性の融合」にある。その象徴が、高校生離れした思考力と観察眼を持つ捕手の有馬諒と、2年生ながら奔放なプレースタイルで観衆を沸かせる遊撃手の土田龍空(りゅうく)である。

 ふたりとも間違いなく全国トップクラスのポテンシャルを秘めた好選手である。そこへ魔球・チェンジアップを操るエース左腕の林優樹、シュアな打撃が光る住谷湧也とタレントが揃っている。激戦の神奈川を圧倒的な力で制した東海大相模とはいえ、近江とがっぷり四つに組めば壮絶な試合になる可能性が高かった。

 この日、有馬のリードは立ち上がりから冴えに冴えていた。林優樹の決め球であるチェンジアップを見せ球に使い、100キロに満たないスローカーブを効果的に使った。ポイントは右打者のヒザ元にカーブを使ったこと。東海大相模の鵜沼魁斗(うぬま・かいと)が「自分の体に向かってくる遅いボールは意外ととらえるのが難しい」と語ったように、打ち損じを誘った。

 捕手の要求通りに投げられる林がすばらしいことは言うまでもないが、引き出したのは有馬である。試合前、有馬に東海大相模打線の打撃フォームの印象を聞くと、こんな答えが返ってきた。

「ほとんどのバッターが(ミート)ポイントが前で、呼び込んで打つのではなく前ではらうような打ち方をしています。誰が教えているのかはわかりませんが、チームとしてやっているんでしょうね。そういう打ち方なので、緩急を使うことが大事になってくると思います」

 この言葉を聞いて、東海大相模打線はある程度封じられるのではないか、という予感がした。有馬は以前、自身のリードについて「相手打者のイヤなところを突くタイプ」と自己診断している。有馬の執拗に相手の弱点を突くリードに導かれ、エースの林は全国屈指の強打線を6安打に抑え、自責点はわずか1。見事に役割を果たした。

 近江バッテリーがもっとも警戒していたのは、有馬が「相模のアグレッシブ・ベースボールの象徴」と評する1番打者の鵜沼である。積極的な打撃スタイルで、長打もあれば小技も足もある。その難敵を緩急で翻弄し、5打数0安打と完璧に封じ込めた。

 それでも、近江は試合の主導権を握ることができなかった。試合後、有馬は敗戦チームのお立ち台に上がり、「自分のミスから始まってしまったので申し訳ない」と語った。

 この日の有馬は、シートノックからボールが走っていた。とくに一塁や三塁へのショートスローは勢いが素晴らしく、まさに矢のような送球だった。だが、2回裏に捕手前に転がった打ち損じのゴロを処理する際、有馬は一塁へ高く抜ける悪送球を犯す。有馬が「肩の調子がよすぎて、裏目に出てしまいました」と振り返ったように、自分の体を制御できていなかった。

 このエラーは直接得点に結びつかなかったが、主将であり、攻守の要でもある有馬のミスはチーム全体に硬いムードを作り出してしまった。

 4回表には二死二塁からボテボテのショートゴロを土田が捕り損なう。土田が「中途半端に前に出すぎてバウンドが合いませんでした」という打球はそのままグラブの下を抜け、レフト前へと転々とする。その間に二塁走者が生還し、東海大相模に先取点を奪われてしまった。

 先発投手を読み違えたのも痛かった。近江が想定していたのは左投手の野口裕斗だったが、実際は神奈川大会でわずか4回2/3しか投げていない右腕の遠藤成だった。有馬は「テンポが速いことは想定内でしたが、左と右では大きな差があるので動揺はありました」と語っている。

 理性の有馬、野性の土田がそれぞれ2つのエラーを犯し、打撃では、有馬は二塁打と押し出し四球、土田はレフト前にポトリと落ちる1安打のみと今ひとつ乗り切れなかった。土田は常人では考えられないような圧巻のパフォーマンスを見せる一方、イージーミスを犯すなど、かねてより精神的なムラを指摘されてきた。この日の土田はプラス面よりもマイナス面が目立つ形になり、チームに勢いをもたらせなかった。

 試合後、土田は「自分のミスからチームが崩れてしまったので、3年生には本当に申し訳ないです」と語った。だが、3年生が引退した後の近江は、間違いなく土田が看板選手になる。有馬に今後の土田への期待を聞くと、こんな言葉が返ってきた。

「これから土田がチームを引っ張っていかなければいけないので、土田には気持ちを抑えないで自分の力を出して、思う存分やってもらいたいです」

 そして報道陣から林への思いを問われた有馬は、実感を込めてこう語るのだった。

「もし高校で速球派の投手とバッテリーを組んでいたら、自分の長所は生きていなかったと思います。林という技巧派の投手だったからこそ、自分の長所を出せました。もうこれからバッテリーを組むことはないかもしれませんけど、林と出会えたことに感謝しています」

 一発勝負でも実力を発揮し、近江に完勝した東海大相模は見事としか言いようがない。

 しかし、もし時間が巻き戻せるのなら、試合開始直前まで戻してあげたい。東海大相模の勝利は変わらなくていいから、もう一度試合をさせてあげたい。勝負事でタブーとされる「たら・れば」をいくらでも語りたくなってしまう。今年も、近江というチームには「もっと彼らの野球が見たかった」と思わせるだけの魅力があった。