それはまるで、血に飢えた猛獣の檻(おり)に入れられてしまった草食動物のように見えた。

 霞ケ浦(茨城)のエース・鈴木寛人は、大会前から星稜(石川)の奥川恭伸に次ぐドラフト候補右腕として注目されていた。186センチの長身から腕を縦に振り、最速148キロを誇る本格派。2学年先輩には広島に進み、今や売り出し中のリリーフ右腕・遠藤淳志がいる。

 遠藤の高校時代は3年春まで登板機会が限られ、夏に茨城大会準優勝の立役者となり評価を高めた。その遠藤を尊敬する鈴木もまた、夏にかけて一気にスカウト陣の評価を高めたという共通点があった。



履正社から3本塁打を浴びるなど、3回途中7失点で降板した霞ケ浦のエース・鈴木寛人

 しかし、甲子園の初マウンドで鈴木は洗礼を浴びた。2回1/3を投げて被安打7、被本塁打3、失点7。早朝8時台にはマウンドから消えていた。

 相手の履正社(大阪)は今春のセンバツ(選抜高校野球)で、星稜・奥川の前に3安打17奪三振に封じられていた。その後は打倒・星稜を目標に、奥川クラスの好投手を打ち込むために振り込んできた強豪である。

 2年生ながら3番を任される左の強打者・小深田大地(こぶかた・だいち)は、試合前から気合がみなぎっていた。

「(鈴木は)148キロが出ると聞いていますし、すばらしいピッチャーなんですけど、映像を見た感じでは奥川さんほどではないと思いました。スライダーとフォークは落差があるので、ワンバウンドになる変化球を追いかけてしまうと高めのストレートを打てなくなってしまいます。意識のうえではスライダーへの割合を増やして、ストレートは反応で打とうかなと思っています」

 春に好投手に完膚なきまでに叩きのめされた悔しさをぶつけるように、履正社打線は猛威をふるった。立ち上がりには1番の桃谷惟吹(いぶき)が鈴木の145キロのストレートをとらえて、右打者ながらライトスタンドに放り込む先頭打者弾。主砲の井上広大はレフトポール際に運び、8番打者の野上聖喜(いぶき)まで身長167センチとは思えない強烈な2ラン本塁打を放り込んで、鈴木にとどめを刺した。

 6対11で敗れた試合後、鈴木は泣きはらした顔で敗戦チームのお立ち台に上がった。

「球速が出ても、ちゃんと指にかかった球じゃないと全国では打たれるんだとわかりました。気持ちだけが前に行ってしまって、フォームのバランスが崩れていつも通り投げられませんでした」

 1試合で3本のホームランを浴びたことは初めてだという。経験の浅い野手による守備の乱れもあったが、鈴木は「エラーはしょうがないので、自分のピッチングをしようと心がけました」と弁解じみたことは口にしなかった。

 本来であれば、満天下に自分の成長した姿を見せつけるはずだった。春以降の練習試合では強打線で知られる東海大相模(神奈川)や花咲徳栄(埼玉)に打ち込まれ、「オンとオフの切り替えを学べました」と力任せの投球の限界を悟った。その後の夏にかけての練習試合では、桐蔭学園(神奈川)、作新学院(栃木)、東海大甲府(山梨)と関東の名だたる強豪を抑え込んだ。

 今夏の茨城大会では4回戦で第一シードの藤代、準々決勝では好右腕・岩本大地を擁する石岡一と強敵相手のしびれる投手戦を経験。鈴木は「それまではピンチで弱気になってしまうところがあったのですが、そういう試合を勝ち抜いたことで精神的に強くなれました」と手応えを深めていた。それだけに、履正社戦での炎上はショックだったに違いない。

 しかし、バックネット裏のスカウト陣は必ずしも結果だけを見ているわけではない。鈴木の将来性を高く買うスカウトもいる。オリックスの牧田勝吾スカウトはこう語った。

「プロで即戦力の高卒投手をほしがっているチームなんてほとんどないと思います。数年後どうなっているかが勝負ですし、その意味で鈴木くんの伸びしろはすごいものがあります。この結果だけで評価を下げるというほうがナンセンスですし、むしろ下がってくれるならこちらとしてはありがたいくらいですよ」

 試合後、今後の進路を聞かれた鈴木は「プロに行きたいと思っていますけど、ちょっとこれから考えようと思います」と明言を避けた。

 高校時代に甲子園で打ち込まれても、プロで大輪の花を咲かせた投手はいくらでもいる。いつか「あの炎上があったから」と語るための糧にできるのか。未完の大器・鈴木寛人の野球人生は、まだまだこれからだ。