開幕戦の始球式に登場した井端弘和さん(元中日ほか)が鋭い腕の振りから投げ込んだボールは、八戸学院光星(青森)の1番打者・武岡龍世(りゅうせい)の内角低めにズバッと決まった。その瞬間、打席の武岡は内心で「まさかインコースにくるとは」と驚いたという。

 インコースは武岡にとって「鬼門」とも言うべき場所だった。今春のセンバツ(選抜高校野球大会)では広陵(広島)の速球派右腕・河野佳に徹底的にインコースを攻められ、封じられている。その試合後、武岡は力なくこう語っていた。

「最後はインコースにくるとわかっていたんですけど、想像以上に河野くんのボールのキレがよくて、対応できませんでした」



開幕試合で3安打2打点の活躍を見せた八戸学院光星の武岡龍世

 グラブを常に低い位置に保ち、足運びの巧みな遊撃守備は高校トップクラス。50メートル走を5秒台で駆ける快足もある。それでも、武岡へのスカウト陣の評価がもうひとつ上がってこないのは、打撃という課題があったからだ。

 とくに苦手のインコースは、克服すべき最重要課題だった。しかし、武岡はセンバツのインコース攻めをきっかけに、打撃を崩してしまう。武岡は当時をこう振り返る。

「インコースが苦手なままじゃダメなので、打てるように工夫してきました。でもインコースばかり気にしすぎたせいで、バッティングが崩れてしまって……」

 今夏の青森大会では2回戦で8番、3回戦では7番と打順を下位に落とされたこともあった。それでも、「インコースでもアウトコースでも気にせずに打つ」と思考を切り替えて復調。決勝の弘前学院聖愛戦までには打順は1番に上がっており、青森大会通算.588と高打率をマークした。

 甲子園では始球式から不意にインコースを突かれたが、いざ試合が始まっても誉(愛知)の捕手・林山侑樹は執拗に武岡のインコースにミットを構えた。だが、武岡に戸惑いはなかった。

「インコースが苦手ということはみんなわかっていると思うので、それは突かれると思っていました」

 1打席目はインコースを狙った球が抜けて死球。2打席目はインコースを意識させられた後にアウトコースのスライダーを空振り三振。3打席目はアウトコースのスライダーをうまく拾って一、二塁間を破るタイムリーヒット。

 そして成長を見せたのは、4打席目だった。相手投手は左腕の杉本恭一から、右腕の山口伶生(れお)へと替わっていた。武岡は「右ピッチャーは左バッターのインコースを突いてくるデータがあったので狙っていました」と振り返る。捕手の林山がインコースに構えたミットよりもやや真ん中に寄ってきたストレートに、武岡はスムーズに反応。きれいに振り抜いた打球は、センターバックスクリーンへと向かっていった。

 試合後に武岡が「入ったと思って、ガッツポーズまでしてしまいました」と苦笑した打球は、センターのフェンス最上部で跳ね返った。それでも、この三塁打は武岡が野球選手として一皮むけたことを意味していた。

「春から苦しんできて、やっとこの結果が出て、頑張ってきたことが報われたというか、気持ちがラクになりました」

 武岡は心底ホッとしたような表情で、初戦を総括した。この日の打撃成績は5打数3安打2打点。さらに遊撃守備では、三遊間寄りのゴロを何度も軽快にさばいた。

「守備はそんなに考えることなく、いつも通りのプレーができました。キャッチャーがインコースを構えたので、来るなと予想して(バットに当たる直前に)2~3歩寄っていました。そんなに難しいことではないです」

 守備について質問されると、武岡の口調はたくましさを帯びる。それだけ自信がある裏返しなのだろう。

 高い守備力に加え、打撃面でも階段を一段上がった。もちろんプロスカウトから見れば、高校生の技術は未熟そのもの。とくに野手は素材が重視され、技術はプロで身につければいいという風潮がある。

 それでも、短期間で成長の跡を見せられれば、それは「順応性が高い」という評価につながる。武岡の進化したパフォーマンスは、確実にプロ側の評価を高めたはずだ。

 高校生は1日で化ける。武岡が見せた成長には、高校野球の醍醐味が凝縮されていた。