炎天下のもと、今年も全日本学生大学対抗選手権が開催された。インカレ奪還を目標に内本隆文主将(スポ4=大阪・上宮)を中心にしてこれまで1年間を戦ってきた早大男子部。部員一丸となり迫力のあるプレーや応援をみせつけ、一日目は全試合でストレート勝ちをおさめ、二日目へと駒を進めた。

 インカレ奪還に向けた早大最初の相手は、東日本インカレでも対戦をした仙台大学。先鋒を任されたのは因京将(スポ4=石川・能登)・岩本修汰(社4=大阪・上宮)組。因がストローク力を見せつけ相手を圧倒しまずは危なげなく先勝。続く内本・奥村健太郎(基4=茨城・竜ケ崎第一)組も内本がコースを振り分け、奥村も難なくボレーなどを決め二勝目を挙げた。最後に登場したのは長尾景陽(社4=岡山理大付)・松本倫旺(スポ4=熊本・濟々黌)組。長尾の丁寧なストロークに松本が効果的なモーションで相手のミスを誘い勝利し、三回戦へと駒を進めた。


気迫みせた内本

 三回戦目の相手は大阪体育大学。1番手の因・岩本組は2ゲーム目こそ相手の前衛のボレーが決まったこともありこれを落としてしまうが、難なく1勝目を挙げた。内本・奥村組も相手に付け入る隙を全く与えずに圧勝するが、長尾・松本組が相手の勢いに飲まれ乱れるが、ファイナルゲームを競り勝ち辛勝。次の四回戦では大阪成蹊大学との対戦となった。オーダーの変更もなく一本目をとり、二本目も勢いのまま勝利を挙げたいところであったが、内本にストロークのミスが出たところで奥村が狙われはじめ、ペースを完全に相手に握られてしまった。しかし最後まで集中を切らさなかった内本は強打を見事なコースへ打ち込み相手に打ち勝つ。最後は奥村がボレーで締め、早大は一日目全試合を一次戦のみで勝利し、ベスト8入りを決めた。


安定した強さをみせた因・岩本組

 ベスト8には今年も強豪がひしめき合い、もちろん明大や日体大なども勝ち上がってきている。早大としては、猛暑のなか一次戦のみで試合を終えられたのは、二次戦などにもつれ込んだほかの大学に比べ体力的に有利になるかもしれない。インカレ奪還へ向け明日も厳しい戦いが予想され、早大男子軟式庭球部の1年間の真価が問われる一日となる。

(記事、写真 河合智史)

コメント

小野寺剛監督(平元教卒=東京・巣鴨学園)

――インカレを迎えるにあたり、選手たちにはどういったことを伝えて試合に臨みましたか

 いろいろな事情はあるんですけど、いつも通り早稲田らしいインカレのチャレンジをしましょうと。去年負けているんでリベンジをしようということで昨日ミーティングを行って、かなり気合の入った状態で来て今日その通りの試合をしてくれて明日につながったので、良い形で試合をしてくれればなと思います。

――今日の試合はどうでしたか

 インカレは楽じゃないんで、どのチームにも良い選手はいるんでやっぱりファイナルで二つ競った試合はあったんですけどそれを勝ち切れたんで、明日はもっと苦しい試合にはなると思うんですけどもっと向かっていく早稲田らしい良いテニスがしたいという話をしました。

――調子のよさそうな選手はいますか

 キャプテンは良いですね。

――どういった点で

 やはり気合が入ってだいぶ良いボール打ち込んでいたんで、明日のキャプテンの内本と、(出場している)6人とも4年生なんですけど3番手の長尾・松本はペアとして一番バランスが良いと思うので、良い試合してくれることを期待しています。

――明日への意気込みをお願いします

 勝ったところが強いと思うし、どこが勝つか分からないと思うので結果を考えずに早稲田らしいテニスをしてくれて先輩たちの伝統を引き継いでくれたらなと思っていますので、あとはお尻たたいて頑張ってくれればと思っています。