TEAM
JX-ENEOS
早 大
(早)●早川、田中星、森田、雪山、柴田―小藤、小掛
◇(二塁打)福岡、小藤

 夏季オープン戦初戦をサヨナラ勝ちで締めくくり、幸先の良いスタートを切った早大。2戦目として迎える社会人強豪JX-ENEOS戦で先発を任された3は、4回まで相手打線を1失点に抑える。しかし5回に一挙3点を失い、試合をつくることができず。救援陣も失点を重ねる一方、打線は再三の好機をものできず3ー7で完敗を喫した。

 打線は2回、先頭の3が右前打で出塁すると、その後制球を乱した相手投手から2つの四球を奪い無死満塁の好機を演出。続く3も四球を選び押し出しで先制したが、この回は1得点止まり。しかし続く回に早川が失点し、すぐさま同点に追い付かれた。それでも3回裏、早大の攻撃。1死二塁の場面で、3が三塁線を破る適時二塁打を放ち、再びリードを奪った。


3回に逆方向への鮮やかな適時二塁打を放った福岡

 一方先発のマウンドを任された早川。立ち上がり、球は走っていた。1回から4回までは走者を背負いながらも得意の伸びのある直球を駆使して粘り強く投げる。しかし5回に無死一、三塁のピンチを招くと連続適時打を許し、この回3失点。甘い球を見逃さない社会人の強豪相手に5回4失点と、本来の姿を見せることはできなかった。


5回に3失点し、苦いマウンドとなった早川

 それでも打線は6回、この回先頭の3が死球で出塁。すると続く3の打席中、吉澤がスタートを切る。ここでヒッティングした小藤の打球は、見事に一塁手の頭上を越えた。スタートを切っていた吉澤は本塁に生還。1点を返し、じわじわと追い上げる。一方の投手陣。6回以降は毎回ごとに投手を投入。6回に登板した3、7回に登板した森田直哉(スポ2=早稲田佐賀)は強力JX-ENEOS打線を相手にしながらも、無失点でしのぐ。特に7回を投げた森田はこの日早大投手陣の中で唯一、三者凡退に抑えることに成功し見せ場をつくった。しかし、その後は頼みの打線がつながらず。幾度にわたって得点圏に走者を進めるが、再三の好機を生かすことができず残塁の山を築く。すると、8回に4番手・雪山幹太(教1=東京・早実)が2失点、最終回を任された3も失点し、悪い流れを断ち切ることができなかった。


小藤の適時二塁打で詰め寄ったが、その後は再び引き離された

 先発のエース早川が試合をつくることができず、試合後半には再三の好機を演出しながらも得点することができなかった打線。強豪の社会人チーム相手とはいえ、11残塁では流れを手繰り寄せることはできない。内容としては『完敗』と言わざるを得ない結果だ。しかし救援として登板した森田が、三者凡退で抑える収穫もあった。これまで新人チームでの登板機会がほとんどであった森田の好投は、他の下級生投手陣にとって刺激になっただろう。次戦の筑波大戦では、課題である好機での一振りも期待したい。

(記事 荻原亮、写真 小山亜美、吉田美結、長久昌暉)

 

夏季オープン戦の日程はから