日本を訪れるのは何回目ですか?

「昨年、愛媛県の西条市に代表合宿で訪れたのが初めてで、今回が2回目です。東京は初めてですね。日本は食べ物がすごく美味しくて、特に巻き寿司が大好きなんですよ(笑)」

日本のジムの印象は?

「(練習拠点の地元)インスブルックには1つのジムしかないのですが、とても大きくて内容も充実しています。日本はジム数が多くて、小規模ながらクオリティはとても高いと感じました。ここ(B-PUMP荻窪店)が一番いいですね」

 


昨年はリードでW杯年間2位、世界選手権では優勝を果たしました。飛躍の要因は?

「1年間ハードな練習を積んできた成果の表れだと思っています。昨年コーチが変わったこと、そしてトレーニング内容を変えたことが良かったのかなって」

どういった部分を変えたのですか?

「例えばワンフットトレーニングと言って、あえて片足だけで登り、その後は逆の足で行うトレーニングをしています。また、以前は3日やって1日オフ→2日やって1日オフだったトレーニングのサイクルを、3日やって1日オフの繰り返しにして練習量を増やしました」

もともと得意なリードに加え、世界選手権で4位に入るなどボルダリングの能力も上がったように見えます。ご自身の手ごたえは?

「大会によるところが大きく、思うようにいかないこともあります。一番重視しているのはリードで、ボルダリングでは課題の傾向にもよりますが、足りない点がまだまだありますね」

具体的には?

「特に(リードではあまり必要とされない)コーディネーション系のスキル。トライの数もまだ多いので、ファーストチョイスをなるべく早く判断できるように力を入れています。スラブに関してもバランス能力の強化が必要です」

スピードにはどう取り組んでいますか?

「1週間に1、2回はトレーニングしています。セッション前に1時間強やることが多いですね。自己ベストは10秒40台。まだまだですね。マイナス1秒は必ず達成したいと思います」

 

2018年の世界選手権でリードの女王に輝き、コンバインドでも3位。この年、一気に世界トップ選手の仲間入りを果たした。

東京2020オリンピックで実施されるコンバインドで、ライバルを挙げるならば?

「特にアキヨ、ミホウ、ヤンヤ・ガンブレット(スロベニア)の3人がライバルだと考えています」

ガンブレット選手とは昨年のリードW杯でも激しい年間優勝争いを演じました。

「2年前、彼女は敵なしという感じでしたが、その後、私も実力を伸ばすことができて、ようやく彼女に勝つところまでたどり着けたかなと」

野口、野中選手はどんな選手でしょう?

「2人ともボルダリングが非常に優れていて、すでにW杯での実績もあります。ミホウはすごくスピードがあるし、パワーも兼ね備えている。アキヨはリードも得意なので、オリンピックで大きな可能性があるのではないでしょうか。2種目においてワールドクラスの実力があるというのは大きなアドバンテージとなるはずです」

東京2020での目標を教えてください。

「誰もが目指すのがメダルだと思いますが、オリンピックに出場することができれば、それ自体がとっても光栄なことです。もちろん、その中でメダルを狙っていきたいですね」