モリタグループは、8月25日に岡山市消防教育訓練センターで開催される「第48回全国消防救助技術大会【岡山 2019】」に出展する。

全国消防救助技術大会には、全国9地区支部の消防本部から選抜された精鋭消防士約1000名が集結。ロープブリッジ渡過やはしご登はん、溺者搬送など、「陸上の部」と「水上の部」それぞれ8つの救助訓練種目で磨き上げた救助技術を披露する。

モリタは、「21mブーム付多目的消防ポンプ自動車 MVF21」や、車椅子利用者の救助にも適した「水難救助用ボート レスキュースレッド」、各種消防救助用資機材等を展示する。21mブーム付多目的消防ポンプ自動車MVF21は試乗体験も行う。

また、モリタオリジナルグッズの販売を行うほか、先着350名の子どもたちに「MVF ぬりえ」をプレゼントする。

モリタ MVF21(東京国際消防防災展2018)《撮影 雪岡直樹》

モリタ MVF21(東京国際消防防災展2018)《撮影 雪岡直樹》

水難救助用ボート レスキュースレッド《写真 モリタ》

水難救助用ボート レスキュースレッド《写真 モリタ》