8月4日(日)、2019年FIA世界ラリー選手権(WRC)第9戦ラリーフィンランドの競技最終日デイ4が、ユバスキュラの東側エリアで行われ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのオィット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組が優勝。2年連続でラリーフィンランドを制した。また、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組は総合3位でフィニッシュ。3年連続で2台のヤリスWRCが表彰台フィニッシュを果たした。なお、前日のデイリタイア後、ラリー2規定に基づき再出走したクリス・ミーク/セブ・マーシャル組は、リタイアでラリーを終えた。

ラリーフィンランドの最終日デイ4は、サービスパークの東側で2本のステージを各2回走行。4本、計45.74kmのSSが行われた。デイ3で首位に立ったタナックは、デイ4最初のSS21でベストタイムを記録。総合2位のライバルとの差を22秒に拡げた。タナックにとってはWRC通算200回目のステージ優勝となり、ヤリスWRCでは今季50回目、通算120回目。その後もタナックは速いペースを保ち、最終的には2位に25.6秒差をつけ、第7戦ラリーポルトガル以来となるシーズン4勝目を記録した。また、ボーナスの選手権ポイントがかかる最終SSのパワーステージでもベストタイムを刻み5ポイントを追加獲得。今回の1戦で最大となる合計30ポイントを加算し、ドライバー選手権およびコ・ドライバー選手権におけるリードを、前戦終了時点での4ポイントから、22ポイントに拡大した。

総合2位のライバルと12.4秒差でデイ4をスタートしたラトバラは、2本目のSS21で今大会8本目のベストタイムを記録。ライバルとのタイム差を7.3秒に縮めた。その後逆転には至らず総合3位でラリーを終えたが、今シーズン初となるポディウムフィニッシュを果たした。その結果、チームはマニュファクチャラーズ選手権ポイントを伸ばし、首位ヒュンダイとの差は縮小した。なお、デイ4で再出走を果たしたミークは、SS22でコーナー内側の石に当たり、クルマの左前にダメージを負い完走を逃した。

トミ・マキネン(チーム代表)
「チームにとってのホームラリーで、今年も素晴らしい結果を残すことができました。このラリーでの3連勝は格別です。オィットは本当に強く、我々のクルマと彼の組み合わせは抜群だったと思います。パワーステージの走りを見ても分かるように、物事はすべて彼の思い通りに進み、全開で走らずともフルポイントを獲得できるほど余裕がありました。また、ヤリ-マティが表彰台に上がったことも良かったと思います。それによってマニュファクチャラー選手権1位のチームとの差を縮めることができましたし、オィットのドライバー選手権争いにとっても助けになりました。この良い流れを、この後のラリーでも維持できることを期待しています」

オィット・タナック
「優勝を飾り最高の気分です。フィンランドで好結果を残すことは、両選手権にとって非常に重要でした。シーズン後半戦の初戦であるこのラリーの結果は、完璧だといえます。チーム全体が勢いに乗ったので、この後も攻め続けなければなりません。今日の最初の3本のステージではクリーンな走りを心がけましたが、最後のパワーステージではプッシュしました。ミスをすることなくクリーンな走りで良いタイムを狙い、最大ポイントを獲得できました。次のドイツも、今回と同じアプローチで戦うつもりです」





ヤリ-マティ・ラトバラ
「ラリーフィンランドで表彰台に復帰することができて、とても嬉しく思います。最後に表彰台に立ったのは約9ヶ月前だったので、本当に長く感じました。2位フィニッシュの可能性もあったと思いますが、今回はリスクを冒さないほうが賢明だと判断しました。この後のことを考えると、自分にとってだけでなく、チームにとってもポイント獲得が非常に重要でした。今日は、昨日の午後よりもリラックスして走れましたし、速さもありました。今日の結果により、この後のラリーでも表彰台争いができるという自信を持つことができました」





クリス・ミーク
「再出走を果たし、今日は出走順が良くなかったので、無理な走りをするつもりはありませんでした。しかし、最終ステージのひとつ前でミスを冒し、自分に腹が立ちました。長い左コーナーでクルマがドリフトした際、少しためらいがありアクセルペダルを少し戻したところ、クルマが予想以上にイン側に巻き込んでしまいました。そして、草の中にあった大きな石に当たってしまったのです。このような厳しい週末は望んでいませんでしたし、次のドイツまでに立ち直らなければなりません」





ラリーフィンランド デイ4の結果
1. O.タナック(トヨタ・ヤリスWRC) 2:30:40.3
2. E.ラッピ(シトロエンC3 WRC) +25.6
3. J-M.ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC) +33.2
4. A.ミケルセン(ヒュンダイi20クーペWRC) +53.4
5. S.オジエ(シトロエンC3 WRC) +56.1
6. T.ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC) +1:32.4
7. C.ブリーン(ヒュンダイi20クーペWRC) +1:38.2
8. T.スニネン(フォード・フィエスタWRC) +2:33.8
9. K.ロバンペラ(シュコダ・ファビアR5) +7:54.1
10. N.グリアジン(シュコダ・ファビアR5) +10:28.7
--
R. K.ミーク(トヨタ・ヤリスWRC)

https://www.facebook.com/TOYOTAGAZOORacingWRC/videos/vl.512535692849148/2085294478441843/?type=1