3日に三重県・鈴鹿サーキットで開催されたFIAエレクトリック&ニューエナジー・チャンピオンシップ ソーラーカーレース鈴鹿2019(ソーラーカーレース鈴鹿)の4時間耐久レースは、ファイナルラップの大逆転劇でJAGつくばソーラーカーチームが優勝した。

ソーラーカーレース鈴鹿は午前中に4時間耐久レースが、午後に5時間耐久レースが行われる。5時間耐久に出場するマシンに比べ、比較的少ない予算でマシンが作れる「エンジョイ1クラス」(18歳以下で構成されたチーム)と、「エンジョイ2クラス」(年齢制限無し)による4時間耐久レースは、朝7時にレースがスタートした。

スタート直後から、2016年まで6連覇という記録を持つ平塚工科高校社会部と2017年からの3連覇を目指すオリンパスRSとの一騎打ちとなり、常に10秒以内の差で終盤までそのバトルは続いた。

この2台に優勝争いは絞られたかと思われたが、3位を走行していたJAGつくばソーラーカーチームが、残り30分となった時点からスパート。電力不足からペースを落としていたトップ2より1周1分近く速いタイムで走り始め、残り15分の時点で2分30秒あった差はみるみる縮まり、残り5分でついに2位に浮上。そしてファイナルラップでトップをも捉え、そのまま後続を引き離してエンジョイ2クラスと総合の初優勝を飾った。

JAGつくばソーラーカーチームは茨城県つくば市のつくば工科高校OBを中心に結成されたチームで、2003年から「池田技研工業」の名称で参戦し、2011年から現在のチーム名になった。2013年には戦闘力を高めたニューマシンを投入し総合3位を記録したが、その後は上位に顔を出すもトラブルやアクシデントで結果が出ていなかった。

ドライバーで、このマシンの製作者でもある池田信太郎は「エネルギーマネジメントが成功し、事前にしっかりメンテナンスしてトラブルなく走りきれたのが勝因。『打倒、平塚とオリンパス』を目標に頑張ってきて、やっと達成できた。マシンのポテンシャルも証明できて嬉しい」と喜びを語った。

3年ぶりの総合優勝を目指した平塚工科高校社会部は、総合2位でエンジョイ1クラス優勝。3連覇を目指したオリンパスRSは総合3位、エンジョイ2クラス2位でチェッカーを受けた。

ソーラーカーレース鈴鹿 4時間耐久レース総合結果(トップ10)
1. JAGつくばソーラーカーチーム
2. 平塚工科高校 社会部
3. オリンパス RS
4. MTHS 松工ソーラーカーチーム
5. STEP江東
6. Team宮工(宮崎工業高校)
7. 近畿大学高専ソーラーカー
8. 大阪府立堺工科高等学校ソーラーカー部
9. 兵庫県立尼崎工業高等学校
10. 千葉黎明高等学校 工学部

レースの主催は日本自動車連盟、モビリティランド。

4時間耐久レース総合上位3チーム表彰式《撮影 竹内 英士》

4時間耐久レース総合上位3チーム表彰式《撮影 竹内 英士》

2位の平塚工科高校社会部《撮影 竹内 英士》

2位の平塚工科高校社会部《撮影 竹内 英士》

3位のオリンパスRS(手前)《撮影 竹内 英士》

3位のオリンパスRS(手前)《撮影 竹内 英士》

4時間耐久レーススタートシーン《撮影 竹内 英士》

4時間耐久レーススタートシーン《撮影 竹内 英士》