8月2日(金)、2019年FIA世界ラリー選手権(WRC)第9戦ラリー・フィンランドの競技2日目デイ2が、ユバスキラを中心に行なわれ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(ヤリスWRC 10号車)が総合1位に、クリス・ミーク/セブ・マーシャル組(5号車)が総合2位に、オィット・タナック/マルティン・ヤルべオヤ組(8号車)が総合4位につけた。

ラリー・フィンランドのデイ2は、SS2「オイッティラ」でスタート。その後、4本のステージを日中のサービスを挟んで各2回走行し、ユバスキラ市街地の「ハルユ2」でフィニッシュ。10本、計126.55kmのSSが行なわれた。前夜のSS1で総合2位につけたタナックは、SS2で総合1位に浮上。SS5では不利な1番手スタートながらベストタイムを記録し、SS6まで首位の座を守り続け、2位のラトバラに5.4秒差を築いた。しかし、午後の再走ステージでは多くのラリーカーが走ったことにより路面に深い轍(わだち)が刻まれ、その影響もあって思うようにタイムが伸びず。SS7で首位の座をラトバラに明け渡し、2.6秒差の総合4位で1日を終えている。

デイ1を総合8位で終えたラトバラは、デイ2の10本のSSのうち6本でベストタイムを刻むなど、1日を通して好調を維持。再走ステージ1本目のSS7で総合1位に立つと、最後まで首位の座を守りきった。また、ミークもSS2でベストタイムを記録するなど安定して上位のタイムを刻み、SS5まで総合2位の座を堅守。その後総合3位に順位を落としたものの、SS10で総合2位に復帰。首位ラトバラと1.2秒差でデイ2を締めくくった。

トミ・マキネン(チーム代表)
本当に素晴らしい戦いでした。ラリー・フィンランドではしばしば僅差のバトルが繰り広げられますが、今日ほど接近した戦いは記憶にありません。我々の3人のドライバーのタイム差は僅かで、彼らの戦いをわくわくしながら見ていました。皆、とても良い仕事をしたと思います。とはいえ我々のチーム内だけで戦っているわけではなく、エサペッカ・ラッピも非常に速いので、明日も攻め続けなくてはなりません。

オィット・タナック (ヤリスWRC 8号車)
非常に良いフィーリングで1日を終えることができました。今日は出走順が1番だったのでかなり難しい路面コンディションでしたが、午前中は走り始めから良い流れを掴み、クルマの調子も良かったので運転に集中できました。午後はコンディションがかなり悪くなり、全力で攻めたにも関わらず順位が少し落ちたので、フラストレーションが溜まりました。それでも差はまだ小さく、明日は今日よりも良い出走順となるので、チャンスは十分にあると思います。




ヤリ-マティ・ラトバラ (ヤリスWRC 10号車)
本当に良い1日でした。いくつかのステージでは少し遅れましたが、全体的には力強く走ることができました。タイム差は本当に小さく、大きなプレッシャーを感じましたが、そのような状況でも高いスピードを維持し、大きなミスをすることなく、差を築けたことに満足しています。明日はいくつか新しいセクションを走行します。道幅が広く、ジャンプやクレストも増えるなどステージの構成が全体的に少し変わっているので、午前中のステージが特に重要になるでしょう。




クリス・ミーク (ヤリスWRC 5号車)
良い1日となり満足しています。フィンランドではスタートダッシュを決め、上位グループに入ることがとても重要ですが、午前中はそれを実践できました。1回目のループはステージもペースノートも自分にとって新たに経験するものでしたが、再走ステージではその経験を活かし、より冷静に走ることができました。再走ステージは1回目よりも滑りやすい路面コンディションになっていましたが、自分の出走順を最大限に活用することができました。トップ4のタイム差は非常に小さいので、明日どのような展開になるのか楽しみです。




ラリー・フィンランド デイ2の結果
1. J-M.ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC) 1:04:01.1
2. K.ミーク(トヨタ・ヤリスWRC) +1.2
3. E.ラッピ(シトロエンC3 WRC) +2.4
4. O.タナック(トヨタ・ヤリスWRC) +2.6
5. C.ブリーン(ヒュンダイi20クーペWRC) +14.2
6. A.ミケルセン(ヒュンダイi20クーペWRC) +14.6
7. S.オジエ(シトロエンC3 WRC) +15.3
8. T.ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC) +30.9
9. T.スニネン(フォード・フィエスタWRC) +52.6
10. G.グリーンスミス(フォード・フィエスタWRC) +1:38.3