鈴鹿市は、「2019 第48回サマーエンデュランス『BHオークション SMBC 鈴鹿10時間耐久レース』」(SUZUKA 10H、8月23~25日開催)に先立ち、「鈴鹿モータースポーツフェスティバル」を8月22日、イオンモール鈴鹿で開催する。

鈴鹿モータースポーツフェスティバルでは、SUZUKA 10H参戦マシンが公道を走行する「~交通安全を世界へ~SUZUKA 10Hレーシングカーパレード」を開催。鈴鹿サーキットのモータースポーツゲートを出発し、通称サーキット道路を通過しイオンモール鈴鹿を目指す。折り返し地点であるイオンモール鈴鹿第2駐車場イベント内特設イベント会場を1周したあとは、再びサーキット道路を走行し、鈴鹿サーキットに戻る約6.6kmのパレードとなる。

またイベント会場では、ミカ・ハッキネン選手をはじめ、SUZUKA 10Hに出場するドライバーによるトークショーを開催するほか、車両展示場ではドライバーよるサイン会も実施。さらに、鈴鹿を拠点に活躍する2輪・4輪チームのマシンに乗車できるイベントや、地元出身の小川友幸選手と小島庸平選手によるトライアル・モトクロスパフォーマンスも開催する。

スパ-フランコルシャンでのイベントイメージ《写真 モビリティランド》

スパ-フランコルシャンでのイベントイメージ《写真 モビリティランド》