第106回ツール・ド・フランスは、22歳のエガン・ベルナル(チーム・イネオス)がコロンビア人選手として初めて総合優勝を達成した。前年の覇者でチームメイトのゲラント・トーマス(イギリス)は、第19ステージでベルナルがマイヨ・ジョーヌを着用するとアシスト役に徹し、チームとして5年連続で総合優勝者を輩出したことを喜んだ。



2度目のツール・ド・フランスで総合優勝を果たしたエガン・ベルナル

「(将来は)誰もがベルナルの名前を口にする」

 ベルナルはそれほど、注目の若手選手だった。

 マウンテンバイクのジュニア世界選手権で2位になったベルナルは、19歳の時にイタリアの弱小チームでロードに転向する。そこで2年間走ったのち、山岳での非凡な才能を見込まれて、2018年にイギリスのチーム・スカイ(現チーム・イネオス)に引き抜かれた。

 初出場の2018年ツール・ド・フランスでは、アシスト役としてチームに貢献。トーマスの総合優勝、クリストファー・フルーム(イギリス)の総合3位を陰から支えた。今大会は2年連続での出場となる。

 父親は自転車選手としてプロを目指していたが、たやすい世界ではないことを悟り、夢をあきらめた。息子が自転車に乗ることを勧めてはくれたが、プロになることには大反対。そんなベルナルを応援してくれたのは、母親だった。だが、2017年に若手選手の登竜門と言われるツール・ド・ラブニールで総合優勝すると、父もようやくプロの道に進むことを許してくれた。

 2019シーズン当初、チームはベルナルをジロ・デ・イタリアでエースに起用し、ツール・ド・フランスでは疲労の残るベルナルを欠場させて、トーマスとフルームの両エースで乗り込む予定だった。

 ところが、多くの問題が連続してチームに襲いかかる。

 まずは、チームのメインスポンサーであるテレビ局『スカイ』が撤退を発表。その結果、イギリスの億万長者がチームを救済することになり、チーム名は『イネオス』と変更された。

 さらにはジロ・デ・イタリア直前、ベルナルが鎖骨を骨折してしまう。エースとして起用されるはずだったが、出場を断念せざるを得なくなった。

 そして極めつけは、大黒柱の離脱だ。ツール・ド・フランス開幕前、今度はフルームがレースの試走中に壁に激突し、大腿骨など複数カ所を骨折。今年ツール5勝目を目指していたフルームの夢は、ここで潰えた。

 だが、チームが危機的状況に陥った時、ベルナルが驚異的な回復を見せる。中規模ステージレースのツール・ド・スイスで圧勝したため、チームはツール・ド・フランスにベルナルも出場させることにした。

 大会序盤、ベルナルは常に「僕はトーマスのアシスト役」とコメントしていた。だが、その立場が変わるきっかけが第18ステージで訪れる。

 マイヨ・ジョーヌは、地元フランスのジュリアン・アラフィリップ(ドゥクーニンク・クイックステップ)が死守していた。第18ステージで待ち構えているのは、アルプスの最難関ガリビエ峠。チーム・イネオスは総合5位につけていたベルナルをアタックさせた。

「レースを動かすために、トーマスがアタックしろと声をかけてくれた」(ベルナル)

 この動きをきっかけに、固まっていた有力選手がバラバラとなる。首位のアラフィリップは一時脱落するも、「あらゆるリスクを犯した」下り坂でトーマスなど有力選手に再合流。しかし、アタックしたベルナルは32秒先行してゴールし、総合成績で1分30秒遅れの2位に浮上した。

 さらに続く第19ステージでは、思わぬハプニングが発生する。欧州最高峰のイズラン峠からの下り坂が突如の降雪で危険な状態となり、レースが打ち切りとなってしまったのだ。大会ディレクターはすべての関係車両に、「89km地点のイズラン峠頂上を通過したタイムを総合成績に反映する」と通告した。

 このいきなり変更となったゴール地点を、ベルナルは単独トップで通過。一方、首位のアラフィリップは2分07秒遅れ。その結果、ベルナルが総合1位に浮上してマイヨ・ジョーヌを獲得した。

「なにが起こっているのか、まったくわからなかった。無線で『レースが終わった』と言われ、立ち止まったら監督から『マイヨ・ジョーヌだ』と言われた」

 さらに、その翌日の第20ステージでもハプニングが起きる。

 大雨による土砂崩れの危険性が高くなり、最後の山岳ステージは前半部分を回避することに決定。距離も130kmから59.5kmと大幅に短縮された。初めて首位に立ったベルナルは、アシスト役に回ったトーマスに牽引されて、順位を落とすことなく安全圏でゴールした。

 最終第21ステージは慣例として総合優勝争いを行なわないため、この第20ステージの結果により、ベルナルがコロンビア人選手として初の総合優勝を確実とした。前日まで首位だったアラフィリップは、大きく遅れて総合5位に後退。フランス勢の34年ぶりの総合優勝は夢と消えた。

 1983年、ツール・ド・フランスが例外的にプロ・アマオープン化した時、コロンビアのアマチュア選手たちが「カフェ・ド・コロンビア」というチームを組んで初出場した。標高2000メートルの高地で生まれ育った彼らは、上りで圧倒的に強かった。1984年にはルッチョ・エレラが初のステージ優勝を挙げ、コロンビアにロードレース人気が訪れた。エレラはその後のツール・ド・フランスでマイヨ・ジョーヌを期待されたが、それは叶わなかった。

 その悲願を、ベルナルが遂げたのだ。

「僕は幸せだ。グランツール(※)に初優勝したことが信じられない。これは僕の勝利というだけでなく、コロンビアという国家の勝利だと感じている。すでに(コロンビア人は)ジロ・デ・イタリアとブエルタ・ア・エスパーニャで勝っているけど、ツール・ド・フランスの総合優勝がなかった。それを僕が達成したのは、とても名誉なことだ」(ベルナル)

※グランツール=ヨーロッパで行なわれる自転車ロードレースのうち、とくに権威のある「ツール・ド・フランス」「ジロ・デ・イタリア」「ブエルタ・ア・エスパーニャ」、3つのステージレースの総称。

 2019年のツール・ド・フランスは記録的な熱波に襲われ、雪崩などの大自然の脅威にさらされた。突然のレース打ち切りや最後の山岳の短縮がなければ、結果はどうなっていたか――。23日間を現地で目撃してきた者としては、それがなくても総合成績は同じ結果になったのではと感じている。

「僕たち家族にとって、これ(総合優勝)は夢だった。テレビでツール・ド・フランスを見ていて、そんなすごい世界には到達できないと思っていた。子どもの頃、『いつか出場できたら最高にカッコいいぞ』と思ったけど、それは遠く彼方に見えた。でも今、僕は、ここにいる」(ベルナル)