キャロッセは、次期ラリーマシンとしてトヨタC-HRを製作したことを発表した。すでにニュースでもお伝えしたとおり、シェイクダウン走行を完了しており、今後もテストを続けてマシンの熟成を進めるという。また、ラリー専用のコンプリートカーとしてもリリース予定(価格未定)、1号車はすでにニュージーランドに送られており、現地でナンバーを取得するという。
(以下、チームリリース抜粋)

ーーー
キャロッセ(本社︓群⾺県⾼崎市、代表取締役社⻑︓⻑瀬 努)は、⾃社ワークスチームであるCUSCO WORLD RALLY TEAM の次期ラリーマシンにトヨタC-HRをチョイスし、FIAアジア・パシフィックラリー選⼿権(APRC)や⽇本スーパーラリーシリーズ(JSR)など、FIA格式のラリー参戦を⽬標に⾞両を製作しました。

現在APRCとJSRに参戦中のYARIS 4WDから得られたデータを活かし、ペース⾞両のトヨタC-HRに合わせ設計段階から各部に改良を加えました。マシンサイズはAPRC・AP4規定の⼨法内に収まっており、エンジンはYARIS同様TRD-8AR(2リッターターボ)を搭載。トランスミッションはDrenth製5速シーケンシャルを装備。また、サスペンション関係はC-HR⽤にすべて新設計し、デファレンシャルなども専⽤設計・⾃社製作のパーツで構成されています。

7⽉上旬にはシェイクダウン⾛⾏も完了し、今後さらにテストを繰り返しマシンの熟成を進めていきます。また、この⾞両はラリー専⽤のコンプリートカーとしてリリース予定(価格未定)で、現在、1号⾞がニュージーランドでのナンバー取得を予定しています。

[主なマシンスペック]
ベース⾞両:トヨタ C-HR
エンジン:TRD-8AR(2 リッターターボ)
トランスミッション:Drenth 製5 速シーケンシャル
サスペンション:CUSCO 製(C-HR 専⽤設計)
リヤデファレンシャル:CUSCO 製(C-HR 専⽤設計)