スバル・モータースポーツUSAは、7月19−20日に米国マイン州で開催されるアメリカン・ラリー・アソシエーション(ARA) 第6戦ニューイングランド・フォレストラリー(グラベル)に2台のスバルWRX STIをエントリーさせる。

ニューイングランド・フォレストラリーは、非常にラフでテクニカル、石の多いラリーで知られる。ドライになれば、ダストも懸念される。ドライバーを務めるのは、デビッド・ヒギンズと、ARAでの4戦目を迎えるオリバー・ソルベルグだ。

昨年のこのイベントで、ヒギンズはトラブルなく走り切って総合優勝を飾っており、今年も同じリザルトを狙っていく。一方、WRCプロモーショナルイベントとして開催されたラリーエストニアでR5優勝を飾ったばかりのソルベルグは、ニューイングランド・フォレストラリーは初めての参戦。今回も、コ・ドライバーにはベテランのデニス・ジロウデを迎える。
「今年のARA戦はどれも同じように、ニューイングランドに出るのは初めて。今年はとにかく、新しいことを模索する年だ」とオリバー。
「かなり速くワイドな道のようなので、スバルWRX STIには向いているはずだよ」