「五輪に出て終わりではなく、その先も結果を出せる選手になりたい」

長く低迷していた日本男子4×400mリレーを救う、若きスプリンターが現れた。若林康太(駿河台大学)。前半から仕掛ける積極的な走りで、東京五輪出場も狙える位置までたどり着いた。今までは見る立場だった世界の舞台で、今度は自分が躍動する番だ。日本陸上界の新たなる宝が放つ伸びやかな走りとスピード、その輝きを記録する。