「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/7月1日~男子14日・女子13日/芝コート)の大会11日目、男子シングルス準決勝で第2シードのロジャー・フェデラー(スイス)と第3シードのラファエル・ナダル(スペイン)が対戦する。この対戦に向けてフェデラーは「厳しい試合になる」と語っている。両者の過去の対戦成績はフェデラーが15勝、ナダルが24勝となっている。「ウィンブルドン」では2006年、2007年、2008年の過去3回、いずれも決勝で対戦してきた。

2006年はフェデラーが6-0、7-6(5)、6(2)-7、6-3、2007年も7-6(7)、4-6、7-6(3)、2-6、6-2で勝利し5連覇を達成。しかし2008年の決勝で、4-6、4-6、7-6(5)、7-6(8)、7-9でフェデラーは敗れた。特に2008年の決勝は、伝説の名勝負と呼ばれており、ドキュメンタリー映画も制作されているほどだ。

その伝説の名勝負から11年。長い時間を経て、またこのテニスの聖地で二人が激突する。

ATP(男子プロテニス協会)によると、フェデラーは「厳しい試合になるでしょうね。ラファはどのサーフェスでも相手を徹底的に倒せる。彼は単にクレーコートのスペシャリストであるだけではありませんから」と話す。

「ここ数年ラファはこのサーフェスでのプレーも非常に進歩しました。それにプレーの仕方も以前とずいぶん変わってきている。ずいぶん長い間、このサーフェスでは彼と対戦していません。彼のサーブもまったく違っている。以前の彼のサーブを覚えていますが、今ではよりビッグサーブをするし、ずっと速いペースでポイントを勝ち取っていきますよね」「体調をずっと良い状態に保っているのも感心します。多くの人が2008年で彼は「もう終わりだな」と言っていました。僕についても2009年に同じことを言われました。でも今僕らはここにいる。だからもう一度僕たちが対戦できるのは嬉しいことです」

フェデラーは来月には38歳、ナダルは現在33歳だが、今も変わらずトップレベルで輝いており、今シーズンも好調だ。フェデラーは4年ぶりに出場した「全仏オープン」でベスト4に進出。前哨戦の「ATP500 ハレ」では同大会10度目の優勝に輝いた。ナダルも「全仏オープン」で前人未到の12度目の優勝を達成し、今大会のベスト4進出によりここまで17連勝。さらにツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」への出場権を、一番乗りで獲得している。

両雄によるテニスの聖地での試合は、日本時間12日23時頃開始予定。今回はどんな素晴らしい戦いが繰り広げられるか、世界中のテニスファンが期待をよせている。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「ウィンブルドン」でのフェデラー

(Photo by TPN/Getty Images)