◆第97回全日本選手権大会◆

5月23日~26日 埼玉・戸田ボートコース


出艇する女子エイト

9名のクルーを乗せた濃紺色の船が、日本最高峰の舞台ではじめて2000メートルラインを1番に切った。初夏を迎えたボート競技の聖地に、歓喜の声が上がる。「本当に日本一になったんだ!」。両腕を青天に突き上げ、選手たちは日本一の笑顔を咲かせた――
5月23日から26日の4日間、埼玉・戸田ボートコースにて、第97回全日本選手権大会が開催された。立大からは6艇が出場。女子エイト部門では優勝を果たした。女子が日本一に輝くのは、立大ボート部史上初の快挙である。

練習に参加したのはなんと大会の2日前!素朴な絶対的エース・角谷真緒(コ4)の奇跡への軌跡


レース前、応援する仲間たちに笑顔を向ける角谷

優勝した瞬間、角谷は「まさか!」と思った。自信を持ってレースに挑むため常に勝つイメージを持つようにしてきた彼女だったが、感情の波はすぐには訪れなかった。実感が沸いたのは、応援してくれた人たちが視界に入った時。そこには、大会初日から会場に足を運び続けてくれていた両親の姿があった。せき止められていた感情が込み上げてくる。自分たちを支えてくれた人たちへ、形ある結果で恩返しができた。女子部主将の目は、感謝の涙に濡れた。
角谷がエイトの練習を開始したのは、なんと大会の2日前。U23日本代表候補に選出されている角谷は、直前まで代表合宿に参加していた。万全な体勢を整えるために充分な時間があったとは言えない。だが、とにかく練習したいという一心で、ブルガリアから帰国した翌日の早朝から練習に取り組んだ。
日本に残り練習を続けていたクルーたちには確信があった。絶対的エースが加われば、自分たちはもっと強くなれる。角谷の一番弟子でありエイトのクルーでもある岩崎(法2)は、「(角谷が帰ってくることに対して)ワクワク感があった」とニコリ。普段は素朴な雰囲気を漂わせている角谷だが、一旦ユニホームに袖を通してしまえば“立大の核”として躍動する。主将の存在感は、やはり圧倒的だった。
最終年となる今年は、クル―全員から背中を見られる「ストローク」というポジションに自ら立候補。文字通り、背中でチームをまとめ上げた。次は9月のインカレ、4年生最後の大会だ。「もう一度日本一になります」。立大が誇る最強漕手は、最後の最後まで輝きを放ち続ける。

角谷不在時にはリーダーを務めた!裏ボス・土方杏華(コ4)の奇跡への軌跡


艇を運ぶ土方

先頭に立ちチームを率いる「ストローク」とは対称に位置し、1番後ろからクルーを支える「バウ」を土方は務めた。漕手で唯一全員を見ることのできるこのポジションは、仲間への声掛けを通してチームを勝利へ導く。ともに最上級生である角谷と土方が他クルーを挟むことで、船に安定感が生まれた。「土方は裏ボスで、本当に助けられた」。そう角谷が語るように、縁の下でチームを支える彼女の存在は、史上初の快挙を成し遂げるのに不可欠なものだった。
角谷不在時にはリーダーを任された。レースに対し不安を抱えるメンバーがいれば、話に耳を傾ける。雰囲気が良くならず思い悩む時期もあったが、最終的にはクルーをまとめ上げた。
土方が入学した年に、男子舵手なしフォアが創部初の日本一を成し遂げた。「自分たちがああいう立場になれるのかな」。4年間、記憶に焼き付く高みを目指して邁進し続けてきた。昨年の同大会には怪我で出場できず。悔しさももどかしさも、たくさん味わってきた。でもだからこそ、その称号を手に入れた時の喜びはひとしおだ。「4年間で1番嬉しい。先輩たちと同じところに立てたんだ」。幸せのため息とともに、土方は顔をほころばせた。
(取材・渡邊大樹、洞内美帆/文・合田拓斗)