トヨタ自動車の文化施設であるトヨタ博物館は、「第30回 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル」を10月27日に愛・地球博記念公園(モリコロパーク)で開催、パレード参加車両の募集を7月3日から開始した。

同フェスティバルは、クラシックカーを通じた自動車文化の醸成と継承を目的に毎年開催されており、個人所有のクラシックカー(30年以上前に生産された国産車・輸入車)による公道パレードや展示を行っている。

今年は、トヨタ博物館開館30周年およびクラシックカー・フェスティバル30回目を記念して、国産車のヴィンテージイヤーと言われる1989年式車両を対象とした30周年特別展示も行う。

応募資格は、1989年以前に生産された国産車・輸入車(二輪車を除く)で、正規のナンバープレートがある乗用車および商用車(大型車両や軍用車は除く)。レプリカや改造車は不可。

また、30周年特別展示として、1989年式の車両を特設コーナーで展示する予定。主な例では、日産のR32型『スカイラインGT-R』、マツダの初代『ロードスター』、トヨタの初代『セルシオ』、スバルの初代『レガシィ』、ホンダの初代『アコードインスパイア』などが対象車両となる。

募集車両は約150台で、応募多数の場合は事務局が選定する。参加費は1台あたり3000円で、応募期限は8月16日郵送必着。