鈴鹿サーキットは、8月23日から25日に開催する『2019 第48回サマーエンデュランス「BHオークション SMBC 鈴鹿10時間耐久レース」』(SUZUKA 10H)の暫定エントリーリストを更新。本山哲や高木真一が駆る「TAIROKU RACING」など40台のエントリーが決定した。

今回の暫定エントリーリスト更新では、SUZUKA 10Hの参戦経験を持ち、今年の「ブランパン GT ワールドチャレンジ アジア 2019 第3戦 鈴鹿」のレース2で優勝した香港の強豪「CRAFT-BAMBOO RACING」の参戦に加え、オーストラリアの「WALL RACING/ADRIAN DEITZ」、マレーシアから「ARROWS RACING」の参戦が決定した。

日本チーム勢では、2002年の全日本GT選手権シリーズチャンピオンの高木真一選手が「TAIROKU RACING」のドライバーとして確定し、既に参戦が決定しているミカ・ハッキネン率いる「Plane×SmaCam Racing」をはじめ、世界各国のGT300・GT3マシンが、スタートから10時間後のチェッカーまで、バトルを繰り広げる。