米国コロラド州で6月30日に開催されるパイクスピーク・インターナショナルヒルクライムに、奴田原文雄をドライバーに起用して日産リーフで参戦するSAMURAI SPEEDは、6月28日(金)に同大会で決勝レースに次いで人気の高いファン交流イベントファンフェスタに参加した。




コロラドスプリングス市街で行われたこのファンフェスタは、地元の夏祭り的イベントとして定着しており、レースカーを間近で見ることができたりドライバーのサイン会が開かれたりすることもあって、毎年3万人を超えるファンが来場するビッグイベントだという。この日も、夕方5時からのスタート早々、会場には大勢のファンが詰めかけ、前年以上の賑わいを見せた。チームでは、その詳細を公式HPでも紹介している。
https://samuraispeed.jp/2019fanfesta/

一方、ドライバーを務める奴田原は、決勝レースを翌日に控え、マシンの状況と心境を、動画で伝えている。
https://youtu.be/2947xpE4_0w