マット・デイモンとクリスチャン・ベイル主演、1966年のルマン24時間耐久レースで絶対王者フェラーリに挑んだフォードの男たちを描いた映画『フォードvsフェラーリ』(Ford v Ferrari)の日本版予告編が解禁された。2020年1月全国ロードショー。

ルマンでの勝利という、フォードモーター社の使命を受けたカーエンジニアのキャロル・シェルビー(演:マット・デイモン)。常勝チームのフェラーリに勝つためには、フェラーリを超える新しい車の開発、優秀なドライバーが必要だった。彼は、破天荒なイギリス人レーサー、ケン・マイルズ(演:クリスチャン・ベイル)に目をつける。限られた資金と時間の中、シェルビーとマイルズは、力を合わせて立ちはだかる数々の壁を乗り越え、1966年のルマンで、長年絶対王者として君臨しているエンツォ・フェラーリ率いるフェラーリ社に挑戦する。

ジェームズ・マンゴールド監督コメント……「この映画でケン・マイルズとシェルビーの間にあったような友情の価値について考えてもらえれば嬉しい。彼らが生きた時代は、まだ、持ちつ持たれつの関係が技術に奪われていなかった。本作では、当時の車やレースの描写よりも、家族やサバイバルについて、そして、自分の壁を破りたいと思うなら、自分の人生を友人に託せるように努力しなければならない、ということを描いている」

製作は20世紀フォックス映画、配給は20世紀フォックス映画。