「大学に入ってから、水上スキーのことだけを考えて生活してきた。」

日本一を目指せる機会が、人生に何度あるだろう。大坪海斗(立教大学)は頂点のみを見据えている。そのために競技について深く学び、どうしたら上手くなれるかを常に考える。恵まれた体格と好奇心を武器に突き進む、彼の目線の先にあるものは何か。水上スキーが持つ疾走感と、時に味方となってくれる水、その輝きを記録する。